TAE ASHIDA 2016-17 AUTUMN/WINTER COLLECTION REPORT

 317日、東京・六本木のグランドハイアット東京にて、「TAE ASHIDA」の2016-17年秋冬コレクションのランウェイショーが開催された。

 

各国の在日大使館の大使や、セレブなど豪華な招待客が顔を揃えたショーで披露されたコレクションでは、シティ・タウンウエアからフォーマルドレスまで登場し、ブラックをメインに、カーキやレッド、ブルーなどのカラーを使い、ボーダーやチェック、未来的なグラフィカルプリントなどのパターンもお目見えした。

切り替えクロップドジャケットや、狼を写した白黒のプリントロングダウンコートなどモダンカジュアルテイストのほか、ゆったりとしたドロップショルダーの ウォームカラーのショートコートに、ジャガード素材のタイトスカートを合わせたイージーな大人の女性スタイルなどさまざまなルックが登場。

 秋冬のキーアイテムとなるアウターでは、ウールアルパカモヘアシャギーを使用したグレンチェッックのコートのほか、ロングフレアダウンコートや、ジレにフォックスファーのケープを合わせたスタイルを披露した。

 

ショー終盤には、繊細なレースや、ジャガード、サテンなどのドレスが登場し、ドレープが軽やかな光沢感のあるラグジュアリーなイヴニングドレスがラストルックを華やかに飾った。