Moet Chandon Grand Vintage Rose 2008

270年以上に渡り、 祝福と賞賛のシンボルとして世界中の人々を魅了し続けてきたモエ・エ・シャンドン。 このたび、 41番目のヴィンテージ ロゼ、 「モエ・エ・シャンドン グラン ヴィンテージ ロゼ 2008」を、 20165月上旬より順次発売開始いたします。

 

天候に恵まれて抜群に品質のよいブドウが育った年に、 その年のワインだけを使用して造られるモエ・エ・シャンドンのグラン ヴィンテージ。 シェフ・ド・カーヴ(醸造最高責任者)の自由な発想と芸術性により、 これまでの常識から離れ、 ブドウ3品種の比率に重点を置いたアサンブラージュを行うことで、 その年のブドウの魅力と個性が惜しみなく表現されています。

 

2008年は、 9月の収穫期に適度に熟した健康的なブドウが実ったことで、 酸度のバランスのとれた成熟した味わいのヴィンテージ シャンパンが完成しました。 シェフ・ド・カーヴを務めるブノワ・ゴエズはグラン ヴィンテージ ロゼ 2008について、 「グラン ヴィンテージ ロゼ 2008は、 2008年のブドウの魅力と個性をモエ・エ・シャンドンならではの方法で表現しています。 その繊細で複雑な骨格は、 シャンパンを愛するすべての人に喜びを与えることでしょう。 この気品に満ちたシャンパンは、 長きにわたるモエ・エ・シャンドンのロゼ シャンパンの歴史の一つとして刻まれるとともに、 世界最大にして最高の名誉を誇るヴィンテージ シャンパンのコレクションに加えられることとなります。 」と語っています。 鮮やかで輝きのある濃いピンク色に、 青みを帯びたゴールドの複雑な反射がきらめく繊細な泡立ちが特徴で、 ローズやサンザシの花のような香りとツゲの木やライムの皮の植物のニュアンス、 またはアニスのヒントが感じられ、 続いてラズベリー、 チェリー、 ブラッドオレンジのフルーティでフレッシュなニュアンスが現れます。 口に含むとまず、 ストロベリーやブラックカラントなどの完熟したフルーツとともに、 みずみずしさとボリュームが感じられ、 続いて繊細で複雑な骨格と張りのある酸味が口いっぱいに広がります。 フィニッシュは爽快で、 グレープフルーツを思わせる余韻が続く、 伸びやかな果実味を持つ緻密な味わいです。

 

長い歴史の中で培われてきた技術と伝統、 そしてシェフ・ド・カーヴの感性や感覚、 経験との融合により生み出される唯一無二の個性を味わい、 極上のひと時をお楽しみください。

 

URLhttp://moet.jp/product/GVR2008/

facebookhttp://www.facebook.com/moet.jp

Instagramhttp://www.instagram.com/moetchandon/

 

#MOETMOMENT