WORLDLIBRARY "MONTHLY BOOK CLUB"

6月からワールドライブラリーが厳選した絵本を毎月定期的にお届けするサービス「MONTHLY BOOK CLUB(マンスリーブッククラブ)」がスタートします。

 

お子様のいらっしゃるご家庭の保護者様にはもちろんのこと、 お孫さんへのプレゼント、 ご友人へのプレゼント用としてご利用頂く事を想定した定期配本サービスです。 良質な絵本が継続的に届く事でお子様の感受性を高める情操教育ともなり、 絵本を読む習慣、 ご家庭でのコミュニケーションを促進させます。 世界各地で高く評価されている絵本がお子様にとっての世界への扉となり豊かな智恵や知識を学ぶ事に繋がります。 

 

 

株式会社WORLDLIBRARY (R) (本社:東京都品川区、 代表取締役社長 岡澤敏明)は、 世界各地の大使館や出版社との連携により、 クオリティの高い海外の絵本を日本語版にして出版しており、 子どもが集まる空間に海外の絵本をレンタル・設置することで、 子ども達と世界を繋ぐ時間を提供するレンタル事業をメインに活動しています。

 

昨年度からは、 WORLDLIBRARY (R)の絵本に共感して頂いている企業様・書店様へ直接取引という形で、 WORLDLIBRARY (R)の絵本をお取り扱いを頂く書店様も全国各地に少しずつ増えています。

この度、 さらに多くの子ども達にWORLDLIBRARY (R)の絵本が届くようにという思いを込めて、 世界の優れた絵本を年間を通し継続的にご自宅へお届けする新サービス「マンスリーブッククラブ」を6月より開始する運びとなりました。

お子様のいらっしゃるご家庭の保護者様にはもちろんのこと、 お孫さんへのプレゼント、 ご友人へのプレゼント用としてご利用頂く事を想定しています。

世界で販売実績のある良質な絵本は、 お子様にとって世界各地の豊かな智恵や知識の最初の扉となります。

 

「絵本を選ぶ時間がない」「お子様の年齢や発達に適しているかどうかが分からなくて選書に自信がない」というお声も多いため、 マンスリーブッククラブとして効果的な絵本プログラムを組み、 9つの「コース」をご用意しました。

2歳~8歳までの「年齢別コース」が6つ。 そして、 様々な利用シーンに合わせた「コレクションコース」が3つとなります。

絵本を読む習慣をつけて頂いたり、 お子様との定期的なコミュニケーションを図ったり、 継続的な情操教育を、 という声にお応えして、 それぞれのコースは半年~1年の期間、 毎月1回、 1冊~4冊ずつ定期的にお届けする仕組みです。

単品毎のご購入は定価ですが、 ブッククラブのコースはあらかじめ割引が入った値段でご提供します。

 

WORLDLIBRARYとは?】

ワールドライブラルーは、 世界中の様々な国の優れた出版社が出版している良質な絵本の中から選りすぐったものを日本語で日本の子ども達に向けて出版しています。

 

グローバル時代を生きていく子ども達にとって、 文化や価値観の違いや多様性を受容する感覚を養うことは語学のスキルを磨くこと以上に大切だと考えます。

各国の大使館・作家・翻訳家を始めとした様々な方々に、 ワールドライブラリーと世界各地をつなぐ架け橋となっております。

 

こうして世界中の人々が創った大切な絵本を子ども達にお届けする事を通じて、 子ども達が世界と出会い、 世界をより深く知るきっかけとなり、 これからの時代を作っていく新しい国際感覚を養っていただければ幸いです。

【マンスリーブッククラブについて】

定期的に絵本が毎月数冊ずつご自宅に、 または贈り物としてご希望のお届け先に配送されます。

特典として、 ブッククラブの全てのコースは定価より5%割引となります。

絵本の他にも、 世界の子育て事情や絵本に関するお話を掲載したレターを毎月お届けします。

絵本を通じて世界の扉を開いてみてください。

 

■ワールドライブラリーマンスリーブッククラブの詳細はこちら→ https://www.worldlibrary.co.jp/bookclub

■ブッククラブの各コースのご案内とご購入はこちら→ https://shop-wl.jp/products/bookclub.php

 

 

【株式会社ワールドライブラリー】

WORLDLIBRARY』は絵本を通じて世界を子ども達に紹介する新しい取り組み。

厳選された世界の絵本を日本語に翻訳し、 毎月1(レギュラープランの場合)ラインナップを変えてお届け。

同時に回収、 メンテナンスまで行うレンタルプログラム。

絵本のセレクトは、 各国の大使館に協力を仰ぎ、 世界中の出版社と直接契約しているため、 ワールドライブラリーでしか読めない絵本をお届けしている。

レンタルする絵本は、 一定期間経過後、 レンタル商品としての活用が難しくなった場合、 絵本として価値があるものは開発途上国や、 地域の子ども達に寄贈する予定。

URLhttp://www.worldlibrary.co.jp/

 

 

facebookhttps://www.facebook.com/ehon.worldlibrary