Boutique Ashida GRAND OPEN at Midosuji

ブティック アシダ 御堂筋

 

 

 

2016826日 グランドオープン

 

 

 

“伝統×革新”“和と洋”“ランウェイ ブティック”“オール メイド イン ジャパン”

 

 

 

株式会社ジュン アシダは大阪 御堂筋の直営店を全面リニューアルし、フランス人デザイナーのグエナエル・ニコラ氏(キュリオシティ)による全く新しい旗艦店を来る826日にオープンいたしました。

 

 

 

現在では数々のハイブランドの旗艦店が軒を連ねる御堂筋に、いち早く1984年にオープンした「ブティック アシダ 御堂筋」は、2002年の改装を経て代官山本店、銀座店、パリ・フォーブールサントノーレ店の直営4店舗の中でも、最も新しいブランドイメージを発信するラグジュアリーなフラッグシップショップとして生まれ変わりました。

 

 

 

御堂筋に面したファサードには、ゴールドのスレッドパターンを施し、メゾンの持つエレガンスとモダニティ、クラフトマンシップのエッセンスを表現しています。また4面の大型ウィンドーには、インタラクティブなサイネージを設置、洋服のウィンドーディスプレイと最新のデジタルテクノロジーを使った映像が相まって、街ゆく人々に新鮮な驚きや感動をもたらします。

 

 

 

総面積約300平方メートルを誇る店内は、ブランドイメージを象徴する心地よい香りに包まれながらゆっくりと心ゆくまでショッピングをおたのしみいただけるよう、芦田淳デザインのジュン アシダ、芦田多恵デザインのタエ アシダ(ミス アシダ)のゾーンに分かれています。ジュン アシダはダークブラウンとゴールドで温かみがあり柔らかなイメージ、タエ アシダはブラックとホワイトでコントラストのあるシャープなイメージにすることで差別化をはかり、それぞれの世界観を際立たせます。

 

 

 

デザインのコンセプトは「“ランウェイ”ブティック」。各ブランドごとにランウェイに見立てたスペースが設けられ、明るいカーペット、そして正面の大型LEDビジョンへとつながる空間は、まるで自分が“ランウェイ”を歩く主役のように、先へ進むたびに新しい発見を提供してくれることでしょう。

 

また、新たに設けた“シグネチャーゾーン”では、各ブランドのオリジナルアイテムである“コンパス”、“シャーリングボレロ”、“レザーパッツ”といったオリジナルのシグネチャーアイテムを、魅力的なディスプレイとともに展開していきます。

 

 

 

ヨーロッパの素材と、日本の誇るメゾンのものづくりから生まれるコレクションの数々。一方、フレンチシックなエスプリあふれる空間でありながら、什器や家具はすべてオリジナルの日本製にこだわり、素材感のあるハンドメイド和紙などを使用したブティック。透明感、情感豊かなカラーリングの中に機能性をとけ込ませるスタイルが特徴的なグエナエル・ニコラ氏のデザインとともに“日本とフランスのコラボレーション”というメッセージを伝えます。

 

 

 

ブティック アシダ 御堂筋

 

 

 

542-0086

 

大阪市中央区西心斎橋2-2-7 御堂筋ジュン アシダビル

 

TEL.06-6212-1581

 

営業時間:11:00a.m.~7:00p.m.年中無休