Radio Cassette by PARCO

このたび株式会社パルコは、 2016年12月9日(金)~12月27日(火)の期間、 池袋・パルコミュージアムにて、 世界中が注目する「ラジカセ」をモノとカルチャーの両面から紹介する展覧会「大ラジカセ展」を開催します。

 

ノスタルジーだけじゃない新しさ。 ラジカセとそのカルチャーを楽しむ展覧会。

「ラジカセ」。
その重くて大きな箱にはアナログの魅力がぎっしり詰まっています
日本生まれの「ラジカセ」が日本だけでなく海外で普及した背景には、 ファッションのトレンドも大きく影響しています。 80'Sファッションにあわせたポップで女性向けのコンパクトなデザインのラジカセが日本では登場し、 ニューヨークではビッグスケールの「ラジカセ」は、 ファッションの一部としてヒップホップの象徴となりました。 ポータブルでより個に近い家電の「ラジカセ」だからこそライフスタイルやファッションを反映し、 そのデザインも多様になったと言われています。

カセットテープ、 レコード盤とともにアナログ回帰の盛り上がりをみせている今、 ノスタルジーだけではなく新たなアクセスツールとして注目されているラジカセ。 また、 日本ではじめてカセットテープが発売されて50年を迎え、 ラジカセとあわせてカセットテープの人気も再燃しています。
若い世代には新鮮で、 バブル世代には共感と体験の共有となるラジカセ。
本展では、 場所も世代もボーダーレスな家電「ラジカセ」の持つ魅力を、 日本随一のラジカセ・家電蒐集家 松崎順一氏がナビゲート。 「ラジカセ」のデザインを紹介するだけでなく、 カセットテープ、 ラジオの魅力そしてその背景にあるカルチャーもあわせて紹介します。 

 

 

日本発 アナログ合体家電 「大ラジカセ展」

■会期:2016年12月9日(金)~12月27日(火)
    10:00~21:00 (最終日は18:00閉場 / 入場受付は閉場の30分前まで)

■会場:パルコミュージアム (池袋パルコ 本館7F)
    東京都豊島区南池袋1-28-2  http://www.parco-art.com

■お問い合わせ:03-5391-8686(パルコミュージアム)

■入場料 : 一般500 円 学生400 円(税込)小学生以下無料

■主催:パルコ
■協力:TBSラジオ / ニッポン放送 / 文化放送 / J-WAVE / TOKYO FM
■監修:松崎順一(デザインアンダーグラウンド主宰)
■グラフィック監修:COCHAE
■企画制作:ハクション