Givenchy Women’s and Men's Ready-To-Wear Spring-Summer 2018 show

彼のジャケット。彼女のシャツ。少年のような魅力。

愛する者同士のあいびきは、クレア・ワイト・ケラーがジバンシィ パリデビューで表現する

パリジャンの魅力と通ずるところがあります。

そのアプローチは二重の力のもとに成り立っています。

ユベールの目となり、耳となり、取り入れる彼の厳格なまでのブラック、ネイビー、ホワイトのカラーパレット。

ヴァーミリオンレッドとわずかなミント。ラウンド、プレーン、ランタン型のショルダーカットは、

双方の大胆なフレームワークを彷彿させ、ガーメントはシャープなラインを描きます。

例えるなら猫の爪で引搔かれた、1961年のドーヴァープリント。

鼓動を打つ雷のエネルギー、疾走する虎の靱やか

な動き。ブレトンニットは、正に”sportif” (スポーティフ)そのもの。

ポルカドットとポワンデスプリのチュールはソフトでグ

ラフィック、トランスペアレント。サテンのリボンとケープ状に仕上げられたバックスタイルは

モダンなオマージュを捧げています。

新しい’サブリナ’ドレスは重なるプリーツの狭間にレースがあしらわれています。

クラブスーチングは素晴らしいインドアを思い起こさせます:ギンガムチェック、素肌の上のブロケードやモアレ。

流れるダブルのラバリエールは都会の騎手を表現しています。

GV3を紹介します:ヒップやショルダーに装着し、ミラー仕上げの’G’型留め具が象徴的なボックスバッグ。

パンプスとピクシーブーツは、つま先にダイヤ型の装飾。

懐中時計のチェーンやダガーの飾りは優雅に揺れています。