CORONA WINTER ESCAPE

世界180カ国以上で愛されているビール「CORONA EXTRA」を展開するAnheuser-Busch InBev Japanは
これまで、大自然に触れながら、ブランドメッセージである「This is living(これが人生だ、これが生きることだ)」を体感できるような大人の冬の遊び方を提案。
今年、コロナがお届けするのは「CORONA WINTER ESCAPE」と名づけた様々な冬の楽しみ方。その第一弾として、アウトドアサウナイベント「CORONA WINTER SAUNA」を2017年12月9日(土)、10日(日)の2日間、東京・下北沢にある「下北沢ケージ」にて開催されました。
ここ数年幅広い層から「サウナ」が注目されブームとなっており、中でもサウナ発祥の地・フィンランドで生まれた「ロウリュ」がサウナ愛好家(通称:サウナー)からも注目を浴び話題となっています。先日開催された「CORONA WINTER SAUNA」は屋外に特別設置されたテントで「ロウリュ」を体験できるというアウトドアサウナイベント。水着でたっぷり汗をかいた後、併設された水風呂、そして外気浴を、スペシャルな空間で楽しんで頂きました。
2日間の開催で総勢63組195名の方々が参加されました。