adidas Runners presents「adizero SPEED SUMMIT 2018」

マルチスポーツブランドのアディダス ジャパン株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役:ポール・ハーディスティ)は、 ランナーを速くするために進化し続けるランニングシューズ「adizero(アディゼロ)」シリーズの2018年春夏モデルの発売を記念し、 2018年1月21日(日)11:00より明治神宮外苑にて「adizero SPEED SUMMIT 2018」を開催します。 本イベントをきっかけに、 ランニングの素晴らしさや楽しみ方を伝えていきます。

 

◆adidas Runners presents「adizero SPEED SUMMIT 2018」実施概要 
実施日時 :2018年1月21日(日)11:00~16:30(受付時間9:00~10:45)
実施場所 :明治神宮外苑 特設コース(東京都新宿区霞ヶ丘町1-1
募集人数 :750名
応募期間 :2017年12月21日(木)10:00 ~ 2018年1月8日(月)23:59
URL : http://shop.adidas.jp/running/community/ 
参加費 :無料
ゲスト :
ウィルソン・キプサング選手
青山学院大学 陸上競技部
アディダス ランニングアドバイザー 市橋有里氏
アディダス ランニングアドバイザー 湯田友美氏
実施概要 :総距離3kmのコース内に複数のゲートを設置し、 それぞれのゲートに通過するまでの制限時間を設定。 ランナーは時間内に各ゲートを通過できなければ失格となります。 予選レースで全てのゲートを通り抜けられたランナーは決勝レースに進み、 レベル別の優勝を競います。 尚、 本レースは5つのレベルに分かれて行われます。 
レンタル :ランニングシューズ
協賛 :エス・アイザックス商会社、 ファイテン社、 マスターズ・アイ社 (五十音順)
備考 :最新作を含めた「adizero」シリーズのトライアル、 参加者全員に「adidas RunnersオリジナルランニングTシャツまたはシングレット」の無料配布、 ウィルソン・キプサング選手着用モデル「adidas adizero Sub2」
の展示

※詳細その他留意事項については、 HPよりご確認をお願いいたします。 

◆「自分の限界を超えろ。 」をコンセプトに、 制限時間内にコースを走り抜ける 
本イベントは「自分の限界を超えろ。 」をコンセプトに、 ランナーを速くするためのシューズ「adizero(アディゼロ)」シリーズの試走ができるランニングイベントです。 
参加者のタイム別に5つのレベルを設け、 レベルごとに分かれてレースを行います。 
総距離3kmのコース内には複数のゲートが設置され、 それぞれのゲートには通過するまでの制限時間が設定されています。 ランナーは設定された時間内に各ゲートを通れなければ失格となり、 予選レースで全てのゲートを通過できたランナーは、 決勝レースに進みレベル別の優勝を競います。 
各レベルで優勝したランナーには、 豪華景品をご用意しております.

各レベル及び想定タイム※3kmコースの平均・想定タイム 
Level 1…14分~15分
Level 2…12分30秒~13分
Level 3…11分~11分30秒
Level 4…10分~10分25秒
Level 5…9分~9分25秒

豪華ゲストによるペースメイクや各種ランニングアイテムの体験など、 充実のサポート 
当日はadidas契約アスリートのウィルソン・キプサング選手や青山学院大学 陸上競技部を始めとした、 豪華ゲストが登場。 
adidas契約アスリート、 アディダス ランニングアドバイザー及びadidas Runnersキャプテン・コーチが、 ペーサーとしてランナーの限界を更新するためのサポートを行います。 
協賛企業様のブースでは、 ランナーが快適に走れるためのサングラスの貸出、 ボディケアやシューズのお手入れなどもご案内しています。 

■ゲストプロフィール:ウィルソン・キプサング・キプロティチ選手

 

 




アディダス契約アスリート、 元世界記録保持者
ケニア リフトバレー州ケイヨ地域出身のマラソンランナー
2010・2011年フランクフルトマラソン、 2011年ロンドンマラソン優勝
2013年ベルリンマラソン、 2時間3分23秒で世界記録を樹立
2017年東京マラソン、 日本国内マラソン記録2時間3分58秒を樹立し優勝