GQ×GUCCI

『GQ』とGUCCI 、 共同制作のショートフィルムシリーズ "THE PERFORMERS"(成し遂げる者たち)第2シリ-ズ。 オープニングを飾る第6幕では、 ダンサーのマイケル・クラークが、 独創性と自己表現を求め東京を旅します。 #GucciStories

 

ロンドン – 2018年3月19日 – 『GQ』とグッチは、 5作品にわたるショートフィルムシリーズ“The Performers” (成し遂げる者たち)の第2シリーズを発表しました。 製作総指揮は、 英国版『GQ』編集長のディラン・ジョーンズ。 2017年にGQとグッチは、 ドキュメンタリーフィルム “The Performers”の第1シリ-ズを発表しました。 その内容は、 5名の影響力を持つ男性を主役に、 彼らの精神的な聖地ともいえる場所への巡礼の旅を追いながら、 そのクリエイティブ・スピリッツやヴィジョンを形づくってきたものを映像で捉えていきました。 そして2018年 、 彼らのクリエイティビティに満ちたコラボレーションを継続し新たに5作品を制作、 クリティティブな分野を舞台に独自の世界を確立している5人が影響を受けた、 インスピレーションの源を探ります。 

英国版『GQ』編集長で、 本シリーズのエグゼクティブプロデューサーを務めるディラン・ジョーンズは次のようにコメントしています。 「グッチとの継続的なコラボレーションにより “The Performers”を紹介する、 素晴らしい機会を持つことができました。 彼らは、 個性と品格を備え、 クリエイティビティを体現している才能溢れる人物であり、 私たちに豊かなインスピレーションを与えてくれます。 第6幕は、 マイケル・クラークの尽きることのない表現力にスポットライトを当てることで理想的な幕開けとなりました」

“The Performers”シリーズの再始動を告げる第6幕にはスコットランド出身の異端のダンサーであり振付師のマイケル・クラークが登場。 大胆かつ魅力的な一連のパフォーマンスをラブホテルや銭湯といった東京の多種多様な場所で映し出します。 4歳でダンスを始めたクラークは、 英国ロイヤル・バレエスク-ルにて本格的にダンスを学びます。 その体験を振り返って、 彼はこう語ります。 「私はそこには馴染めませんでした。 規律が厳しいからということではなく。 そう、 それは70年代後半のまさにパンクが興った時代で、 私はそのすべてを巻き込むエネルギーに魅了されてしまったのです

そしてクラークは自身のダンスを創造するために、 ダンスグループ、 マイケル・クラーク・カンパニーを創設。 そこで彼は、 パフォーマンスアーティストのリー・バウリーから「ザ・フォール」のマーク・E・スミスに至るまで、 英国きってのポストパンクのアウトサイダーたちとともに独自の作品を発表しました。 

今フィルムでは巡礼の旅で日本に帰還し、 その様子は監督ジョニー・ハルスタッフにより映像に収められました。 クラークと日本との関わりは、 クラークが彼の母とバウリーと共にそこでパフォーマンスを行った、 1980年代まで遡ります。 「日本は私より先に私が表現しようとしていることを理解していました。 彼らは私の作品を真剣に受け止めてくれたことは、 私にとって大きな意味があったのです。 こうして再び日本に戻れることは、 非常に感動的です」

彼の型破りな美学を反映し、 デヴィッド・ボウイの楽曲にのせて大胆かつ華やかな映像で綴られる第6幕。 スタイリングは英国版『GQ』ファッションディレクターのルーク・デイが手がけました。 

なお、 “The Performers”の続編は2018年を通して公開予定です。 
 
GQ & GUCCI present “The Performers”(成し遂げる者たち)第2シリ-ズ: 
https://gqjapan.jp/_special/gucci-the-performers/2018/ 

GQ & GUCCI present “The Performers ” 第6幕 マイケル・クラーク: 
https://gqjapan.jp/fashion/news/gucci-performers/michael-clark 

注記: 
“The Performers”(成し遂げる者たち)は、 コンデナスト・インターナショナル・コマーシャルが独自に考案・提供しているコンセプトです。 デジタルコンテンツは、 グローバル・コラボレーション・プロジェクトとして、 世界各国のグッチと『GQ』の公式ホームページおよびSNSアカウントにて公開されます。 

『GQ』について 
洗練かつ高級感にあふれ、 時には不遜でありつつも常にスタイリッシュ。 男性のスタイルの模範であり続ける『GQ』の名は他に比べようがありません。 最高水準の文章と写真で知られる『GQ』は、 男性のためのライフスタイルを打ち出す、 一流かつ上質のマルチメディアブランドです。 「『GQ』ブランドは世界20カ国以上で影響力を持ち、 1200万人以上もの雑誌購読者、 650万人のオンライン購読者を抱えます。 『GQ』はオーストラリア、 ブラジル、 中国、 フランス、 ドイツ、 インド、 イタリア、 日本、 韓国、 メキシコ・中南米、 ポルトガル、 ロシア、 南アフリカ、 スペイン、 台湾、 タイ、 トルコ、 イギリスおよびアメリカにて出版されています。 

GUCCI (グッチ) について 
1921 年フィレンツェで創設されたグッチは、 クリエイティビティとイノベーション、 イタリア伝統のクラフツマンシップで高い評価を得ている世界有数のラグジュアリーブランドのひとつであり、 ケリンググループの中核をなすブランドです。 ケリンググループはアパレルとアクセサリーのカテゴリーにおけるグローバルリーダーで、 ラグジュアリー及びスポーツ&ライフスタイルブランドを展開しています。 グッチについての詳しい情報はwww.gucci.comをご覧ください。 

■ GQ JAPANウェブサイト  https://gqjapan.jp  
■ Facebook  https://www.facebook.com/GQJAPAN 
■ Instagram  https://www.instagram.com/gqjapan/  
■ Twitter  http://twitter.com/GQJAPAN