H&M Conscious Exclusive 2018

 
最新技術によって生まれたサステイナブルな生地と、 スウェーデン人アーティストのカーリン&カール・ラーションのクリエイティブな邸宅からインスピレーションを得たデザインを組み合わせたH&M Conscious Exclusive 2018コレクションには、 美しい創作技術とパワフルなフェミニティが極めて現代的に表現されています。 リサイクルシルバー、 そして漁網やその他廃棄物から採取されたナイロンをリサイクルしたECONYL(R)(エコニール)という2つのサステイナブルな素材が、 今回初めて同コレクションに採用されました。 H&MのConscious Exclusiveは、 世界各地の限定店舗(日本では渋谷店・新宿店)およびオンラインストアで2018年4月19日より販売開始いたします。
 

今回で7作目となるH&M Conscious Exclusiveコレクションには、 力強さと柔らかさが調和したウィメンズ・ウェア、 ランジェリー、 シューズ、 アクセサリーが揃います。 今年は、 オーガニック・リネン、 オーガニック・コットン、 オーガニック・シルク、 TENCEL™(テンセル) 、 リサイクル・ポリエステルに加え、 リサイクル・シルバー、 そして漁網やその他廃棄物を100%使用してリサイクルした ECONYL(R)という2つの新素材を導入しました。 

カーリンが自ら制作したタペストリーや刺繍、 彼女が愛情を注いだ邸宅の庭、 そしてカーリンとカールの部屋に見られるコントラストを取り入れた独創的なインテリアが、 Conscious Exclusive 2018の主要なインスピレーションとなっています。 H&Mのデザインチームはこうした要素を巧みに解釈し、 ラーション夫妻の邸宅に実際に置かれているアイテムなどをもとに、 目を見張るようなフローラル・メタリック・ ジャカード、 また抽象的な刺繍やプリントを作りました。

 

 

 

 

このコレクションにサステイナブルな2つの新素材を使用できたことを、 とても嬉しく思います。 ECONYL(R)を使用した華麗なレース、 そしてリサイクル・シルバーから作られた美しいジュエリーを創作することで、 H&Mはサステイナブルなファッションの可能性をさらに広げることができました。 このコレクションではカーリン・ラーションの作品も重要な役割を果たしています。 彼女の作品のモチーフ、 そして家中にあしらわれた大胆なコントラストと色遣いは、 時代のはるかに先を行くものでした。 カーリンは非常にたくましい女性であり、 私たちはその精神に共鳴したのです」(H&M クリエイティブ・アドバイザー、 アン=ソフィー・ヨハンソン)

 

 

 

 

ホワイトのECONYL(R)にオーガニック・コットンの刺繍をあしらったフルレングスのスリーブレス・ドレスや、 リサイクル・ポリエステルを使用したフローラル・メタリック・ジャカード素材のグリーンのフルレングス・ドレスなど、 インパクトのあるアイテムがいくつか登場しています。 一方、 フローラル・ジャカードを素材とするブラックのパンツスーツは、 背中にスリットの入ったブレザーと、 現代的な印象を与えるクロップ丈のフレアパンツが特徴です。 全体的に、 グリーン、 ホワイト、 ブラックにくすみ感のあるブルーとパウダーピンクといった色調が使用されています。 リサイクル・シルバーを素材とする繊細かつ印象的なチューリップ・モチーフのジュエリー、 リサイクル・ポリエステルを使用したエレガントなサテン製サンダル、 TENCEL™ブレンドの生地を使った美しいプリント・スカーフ、 リサイクル・プラスチック製のビーズとスパンコールの装飾を全面に施した繊細なポーチ・ハンドバックなどのアクセサリーも揃っています。 

「このコレクションを知った時からずっと、 その意義とデザインが同じように魅力的である点に深い感銘を受けてきました。 ファッションとサステイナビリティはもはや矛盾する言葉ではなく、 再利用とリサイクルはファッション全体における重要な取り組みとなっていると私は思います。 このような最先端のデザインをリサイクル素材で制作したコレクションを目にし、 とても感動しています」(モデル、 クリスティー・ターリントン・バーンズ)

2018年の広告キャンペーンでは、 世界的に有名なファッション・フォトグラファーのミカエル・ヤンソンが撮影を手掛けました。 ジードレ・ドゥカウスケートとアーミット・ラーガンに加え、 スーパーモデルであり、 慈善活動家としても活躍するクリスティー・ターリントン・バーンズがキャンペーンの顔を務めます。