Glenmorangie

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社(東京都千代田区神田神保町)の取り扱いシングルモルト・ウイスキー 「グレンモーレンジィ」は、 初のポップアップバー 『グレンモーレンジィ ハウス』 を2018年11月16日(金)17日(土)に六本木ヒルズアリーナにて期間限定オープンいたします。 華やかな柑橘香るオレンジハイボールをブルーノート東京プロデュースのジャズライブに乗せて。 贅沢なひとときをお楽しみいただけます。

 

のオレンジハイボールをブルーノート東京プロデュースのジャズライブに乗せて、 贅沢なひとときをお楽しみいただけます。 

❖ ドリンク & フード
グレンモーレンジィ オリジナル
グレンモーレンジィ ラサンタ 12年、 キンタ・ルバン 12年、 ネクター・ドール 12年
グレンモーレンジィ 18年、 グレンモーレンジィ シグネット

オレンジハイボールは600円~ご提供します。 
カクテルタイムにはゲストバーテンダーによるスペシャルカクテルもご提供します。 
肌寒い季節に合わせたホットウイスキーや、 テイスティングセットも!   
グレンモーレンジィと特別に合わせたフードもお楽しみいただけます。 
グレンモーレンジィ 18年、 グレンモーレンジィ シグネットにはカカオ豆の加工からこだわったチョコレートをクリエイトする三枝俊介シェフによる、 特別にマリアージュしたチョコレートとともにご提供します。 

❖ イベント詳細 & チケット
ドリンクおよびフードのチケットはイベント会場にてご購入いただけます。 
イベントについての詳細やお得なチケット情報はこちらのサイトよりご確認いただけます。 
www.mhdkk.com/brands/glenmorangie/gmhouse

< ジャズアーティスト >
15:00 / 19:00

 

 


11月16日(金) ライブ 15:00 / 19:00
akiko with Tadataka Unno trio

 

 

akiko
2001年、 名門ジャズレーベル「ヴァーヴ」初の日本人女性シンガーとしてユニバーサルミュージックよりデビュー。 既存のジャズの枠に捕われない幅広い音楽活動で人気を博し、 現在までに23枚のアルバムを発表。 日本のみならず、 海外でも活躍。 
これまでに「ジャズ・ディスク大賞」や「Billboard Japan Music Award」を始め、 数々のミュージックアワードを受賞。 
またシンガーとしてだけではなく、 ソングライティングやアレンジ、 ジャケットのデザインも含めたアートディレクションに至るまでセルフ・プロデュースもこなし、 コンピレーションCDの選曲や他アーティストのプロデュース、 執筆なども手がける。 
音楽性やファッション性のみならずそのライフ・スタイルにも多く支持が集まる。

 

akiko オフィシャルサイト  http://akiko-jazz.com 
Tadataka Unno オフィシャルサイト  http://www.tadatakaunno.com 
(C)Tadataka Unno Photo by Barbara Schwanen-Kaspers

11月17日(土) ライブ 15:00 / 19:00
David Negrete Quintet

 

 

1984年生まれ。 カルフォルニア・サンディエゴ出身。 
5歳からピアノを学ぶ。 
ジュニアハイスクール、 ハイスクールではスクールバンドでフルートを担当。 同時に12歳からアルトサックスを独学で始める。 
高校卒業後ジャズマスターCharles Mcphersonに師事。 
2004年、 全額奨学金でバークリーで音楽院に入学。 
2007年 同院卒業後ニューヨークに活動の拠点を移し老舗ジャズスタンダード等にてライブを行う。 
2011年に日本に移住し、 バンド『Tribe of D』を結成。 
2016年ファーストリーダーアルバム『Tribe of D』を発売。 

< カクテルタイム バーテンダー >
18:00-21:00

■11月16日(金)18:00-21:00

 

 

清崎 雄二郎 (Bar LIBRE)
カクテル  Autumn tuning 
音楽のようにクリアな音を表現した透明感のあるカクテル

プロフィール
池袋Bar LIBREに続き、 Bar LIBRE Danangを昨年オープン。 今、 最も勢いのあるバーテンダーの一人。 2015年に開催のヘネシーミクソロジーコンペティションに日本代表として参加し、 優勝。 
http://bar-libre.jp/ 

■11月17日(土)18:00-21:00

 

 

池野正 (日比谷Bar)
カクテル  GLENMORANGIE COMBO 
ジャズにおける小編成の楽団「コンボ」を、 グレンモーレンジィを中心に集まったさまざまな材料から成るカクテルとして表現

プロフィール
2007~2009年 日比谷Barカクテルコンペティション優勝&三連覇の絶対王者。 カクテルに対する造詣が深く、 ドリンクメニュー開発やバーテンダー研修の講師として社内外を問わず活動。 日本一メガネの似合うバーテンダー・・・?!
http://www.hibiya-bar.com/ 

【グレンモーレンジィ 蒸留所概要】

 

 

所在地:スコットランド、 ハイランド地方、 テイン
創業: 1843年 ウィリアム・マセソンにより設立(2018年は創業175周年)
製造: スコットランド産の大麦のみを使用したシングルモルト・ウイスキー
主要銘柄:
・ グレンモーレンジィ オリジナル
・ グレンモーレンジィ ラサンタ 12年
・ グレンモーレンジィ キンタ・ルバン 12年
・ グレンモーレンジィ ネクター・ドール 12年
・ グレンモーレンジィ 18年
・ グレンモーレンジィ シグネット
特徴: ミネラル分豊富な硬水を使用し、 スコットランドで最も背の高いポットスチルで蒸留する華やかなアロマが香るウイスキーです。 
(ポットスチルの高さ: 5.14m、 大人のキリンと同じ背丈)

グレンモーレンジィ 
グレンモーレンジィ・シングルモルト・スコッチウイスキーはスコットランドのハイランド地方で1843年に生まれました。 グレンモーレンジィの特徴であるフルーティーでフローラルな風味は、 スコットランドで最も背の高いポットスチルから生まれます。 最高級のオーク樽で熟成、 テインの男たちの熟練の職人技で丁寧に仕上げた 「完璧すぎる(Unnecessarily Well Made)」ウイスキーは、 伝統と最新技術を融合させるパイオニアとして高い評価を受けています。 
https://www.mhdkk.com/brands/glenmorangie/