MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless

森ビルとチームラボが共同で運営する「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」では、
2019年3月上旬から5月下旬の期間は、季節とともに変化した春の作品を体験することができます。

『Borderless World』内の「花の精霊」には、沈丁花(ジンチョウゲ)や蓮華草(レンゲソウ)、
「積層された空間に咲く花々」には梅や牡丹等の春の花が咲き誇り、「地形の記憶」にも春の景色が広がります。

また、「呼応するランプの森」には、桜色一色でランプが輝く「呼応するランプの森 - ワンストローク、桜」のほか、
5色の春の野山の色で輝く「呼応するランプの森 - ワンストローク、春の野山」も登場します。
※期間中でも、時期によって見られる花の種類・作品が異なります。

下記作品詳細となります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1.「呼応するランプの森 - ワンストローク」/3月上旬~4月下旬
「呼応するランプの森 - ワンストローク」に春限定の2作品が加わります。
桜(さくら)の1色でランプが輝く、「呼応するランプの森 - ワンストローク、桜」と、
山吹(やまぶき)、裏山吹(うらやまぶき)、青山吹(あおやまぶき)、
花山吹(はなやまぶき)、桃(もも)の5色で輝く「呼応するランプの森 - ワンストローク、春の野山」が、3月から登場。    

2.「花の精霊」/3月上旬~4月下旬
一年間を通して、刻々と咲いていく花々が移り変わり、
他の作品と影響し合う「花の精霊」には、3月は沈丁花が、4月は蓮華草が登場します。

3. 「積層された空間に咲く花々」/2月9日(土)~5月下旬
「積層された空間に咲く花々」では、2月から3月までは梅が、4月から5月までは、牡丹の花が広がります。
誕生と死滅を永遠に繰り返し続ける、無数の透明な像による花々は、来場者を作品の一部にしていきます。

4.「地形の記憶」/3月上旬~5月下旬
分け入ることのできる高低差のある空間で、
悠久な里山の景色を描く「地形の記憶」には、3月から春の景色が広がります。
現実の時間の流れと共に移ろう作品世界の昆虫や花々は、人々の振舞の影響を受けて動きが変わります。

 

美術館概要

名称 : MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless

(森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス)

 

場所 : 東京都江東区青海 1-3-8(お台場パレットタウン)

料金 : 大人(高校生以上)3,200 円、子供(4 歳~中学生)1,000 円

 

障がい者割引 1,600 円

※障がい者手帳をお持ちの方ご本人様と同伴者 1 名まで、

障がい者割引でチケットをご購入いただけます。

※高校生には「バイトル高校生無料チケット」もご用意しています。

https://www.baitoru.com/cp/teamlab-borderless/

 

営業時間: 月~金 10:00 - 19:00

土・日・祝 10:00 - 21:00

※最終入館は閉館の 1 時間前

 

休館日 : 第 2・第 4 火曜日

 

※2 月は通常と異なり、2 月 18 日(月)・19 日(火)・20 日(水)が休館日、

2 月 12 日(火)・26 日(火)は開館日となります

 

公式サイト : http://borderless.teamlab.art/jp

ダイジェスト映像: https://youtu.be/UYFWjUj4RPQ

 

#チームラボボーダレス #teamLabBorderless