”SHOOP”19FW LOOK

スペインをベースとして日本人デザイナー大木葉平とMiriam Sanzが手掛けるの気鋭のブランドSHOOPが、Mercedes-Benz Fashion Week Madrid にて19FWコレクションを発表。

FW2019ランウェイ時にはNIKE社よりSHOOPカスタムモデルを含めたAir Max 720が提供され、全モデルが着用してランウェイを歩き、NIKE契約アスリートでオリンピックスペイン代表のMaria Vicenteもモデルとしてゲスト出演。

2019年からはNIKEとコラボレーションをしたイベントやワークショップ等、様々なプロジェクトが控えており、今後の活躍が期待されているブランドです。

 

ABOUT SHOOP

wear / SPAIN

2011年、大木葉平とMiriam Sanzとが、マドリードを拠点に立ち上げたブランド”SHOOP”。

ストリートカルチャーや音楽をインスピレーションに、オルタナティブコンテポラリーファッションを提案。カナダ出身のアーティストDrakeSHOOPを愛用している事から、彼の舞台衣装をプロデュースした事でも話題となった。

Mercedes-Benz Fashion Week Madridでは2018年よりランウェイ形式でコレクションを発表し、多くのメディアから高く評価されている。

 

2019FW

SHOOP の秋冬19/20コレクションは、スピリチュアリティーと覚醒がテーマになっている。

グラフィックは、チャクラやヨガ、光の存在のエレメントを取り入れ、ALYXNIKE などのグラフィックを手掛けるアーティストAndrei WarrenDaniel Benza が作成。

コレクションは黒を基本に緑、ワイン、黄、オレンジのコーデュロイやヴィガンレザーのテーラード、ミリタリーセーターやジャケット、オーバーサイズシャツ、タイダイのフーディーなどで構成されている。

各ルックのシューズは、世界的に話題を集めるNIKE Air Max 720 を使用。シーズンテーマに合わせ、ファーを全体にまとったNikeオフィシャルカスタムシューズもお披露目された。

また、ヘアーメイクは、ワールドワイドに活躍する新鋭ヘアーメイク集団の X-Presion とコラボレーションし、メイクアップは、MAC Cosmetics がサポート。

ランウェイの音楽は、David Unison が担当した。