TENNOZ ART FESTIVAL 2019

「アートの島=天王洲アイル」
本プロジェクトは、 「アートの島=天王洲アイル」を舞台に、 計7箇所で、 7人のアーティストによる壁画や写真展示、 橋のライトアップを含む国内最大級のMURAL PROJECTです。 水辺とアートをキーワードに賑わいと魅力あるまちづくりを推進する天王洲アイルにおいて、 運河沿い建築物への大型壁面アート、 品川区の公共桟橋待合所での壁面アート、 ふれあい橋におけるアート写真の展示、 駅通路での壁面アートなどの展示により「アートの島=天王洲アイル」を印象付けるシンボリックな展示を行います。

<TENNOZ ART FESTIVAL 2019開催概要>

本プロジェクトは、 屋外アートと屋内アートの活用による天王洲アイルの魅力あるまちづくりを図ります。 さらには、 藝術国際都市・天王洲をめざし、 国外アーティストにも天王洲に来訪いただき、 水辺で出会う日本文化とアートのコミュニケーションを図ります。 

▼イベントタイトル
TENNOZ ART FESTIVAL 2019
 
▼日程
コア期間:2019年3月8日(金)~4月7日(日)
(ふれあい橋を除く作品は、 2020年春までの展示を予定しております。 )
レセプション:3月8日(金)17:30~19:30 @ T-LOTUS 

▼会場
天王洲エリア 計7会場
ふれあい橋橋梁/東横INN立体駐場壁面/三信倉庫壁面/寺田倉庫T33壁面/東品川2丁目桟橋待合所壁面/ボンドストリート(内山コンクリート)壁面/東京モノレール 天王洲アイル駅改札前
 
▼アーティスト
淺井裕介(Yusuke Asai)/ARYZ(アリス)/Kenta Cobayashi(小林健太)/DIEGO(ディエゴ)/
松下徹(Tohru Matsushita)/Rafael Sliks(ラファエルスリクス)/Lucas Dupuy(ルーカス・デュピュイ)


主催:一般社団法人天王洲総合開発協議会/天王洲アートフェスティバル2019実行委員会
助成:公益財団法人東京観光財団
※この事業は、 東京都・公益財団法人東京観光財団「水辺のにぎわい創出事業助成金」を活用して実施しています。 
協賛:寺田倉庫/日本ペイント株式会社/株式会社アマナ
協力:株式会社東横イン/三信倉庫株式会社/戸部商事株式会社/東京燃料林産株式会社/東京モノレール株式会社/IMA/ANOMALY/一般社団法人天王洲・キャナルサイド活性化協会
後援:品川区/東京都港湾局


天王洲アートフェスティバル2019 実行委員会メンバー
プロデューサー:中野善壽(寺田倉庫 代表取締役)
実施責任者:和田本聡(一般社団法人天王洲総合開発協議会)
副責任者:田嶋拓也(寺田倉庫)
キュレーション:伊藤悠(island JAPAN)高須咲恵(SIDE CORE)
サポート:鳥巣峻史、 岩瀬圭司、 平塚知仁、 石毛健太/記録映像:播本和宜/photo:shin hamada
LOGO+DM DESIGN:UMA/design farm
_________________

<現地制作日程>

2月1日(金)~10日(日):DIEGO(内山コンクリート壁面)
2月9日(土)~末:淺井裕介(三信倉庫壁面)
2月10日(日)~20日(水):サンパウロよりRafael Sliks(東品川2丁目桟橋待合所壁面)
3月1日(金)~14日(木):スペインよりARYZ(東横INN壁面)
3月2日(土)~10日(日):ロンドンよりLucas Dupuy(寺田倉庫T33ビル壁面)
3月初旬:松下徹(東京モノレール「天王洲アイル」駅改札前)

※ふれあい橋では、 3月8日(金)~4月7日(日)小林健太の写真展示を実施、 夜にはライトアップが行われます。