buckle by nendo

本体とバックルが融合した腕時計「buckleをデザイン

 時計ブランド「TEN:TEN」の第三弾商品をデザイン。

通常、腕時計は本体とベルト、そして、ベルトを適切な長さに固定するためのバックルという3つの要素で構成されていますが、このうち本体とバックルを一体化することで要素を2つに絞り込み、余計な器具をひとつなくしたデザインです。

 

これにより、本来2本であるはずのベルトが長い1本のベルトとなり、腕の「裏」ではなく「正面」で長さ調整ができるようになりました。また、他の「TEN:TEN」の商品と同様に、簡単に別の色のベルトに付け替えられる仕様です。