「THE SHOP YOHJI YAMAMOTO feat. S’YTE」 POP UP STORE @ HILLS BOX October 5th OPEN

株式会社ヨウジヤマモトのオフィシャルウェブストア「THE SHOP YOHJI YAMAMOTO(ザ ショップ ヨウジヤマモト)」初のPOP UP STOREを六本木ヒルズの玄関口ともいえるヒルサイド2階の新たなポップアップスペース「ヒルズ ボックス」にて、 10月5日~27日の期間限定にてオープン致します。

 

今回が世界初のリアル店舗となるPOP UP STOREでは、 ヨウジヤマモト社のECサイト限定ブランド「S’YTE(サイト)」をフィーチャーし、 19-20AWの最新コレクションをラインナップ。 ネットで気になっていた「S’YTE(サイト)」のあのアイテムも、 リアルショップで手に取って試着をすることの出来る貴重な機会となっております。

19-20AWのテーマは「S'YTE ATWORK」
ポケットやジッパー等、 タクティカルな要素を取り入れたミリタリースタイルの ベスト、 チェックやレオパード、 そしてダメージ加工等、 パンキッシュな要素を 採り入れたシャツやニット、 そしてインパクトの強いグラフィックを繊細なジャ ガード織りで表現したニットやニットパンツ。 様々な要素をブレンドし、 モードなエッセンスを加えたスタイルは、 オリジナリ ティ溢れる変幻自在のコレクション。
※こちらのアイテムはヨウジヤマモト社オフィシャルECサイト「THE SHOP YOHJI YAMAMOTO ( https://theshopyohjiyamamoto.jp/ )」でもご購入いただけます。

 

 

展覧会に際してのアーティストステートメント

風に吹かれる布の姿が好きだ.形を変幻させる布のシルエットに霊性を感じてしまう.風景を眺めながら,自然の見せる姿の中に,この感覚に近しいものを日々探している.姿形の根源的なルーツを探して,さまざまなモチーフの海をさまよう.平安の昔から蓄積されたシルエットや昭和の軍国的なシルエットなど,日々目にする様々なモチーフの中に現代との接点を探している.社会と時代の変化の中で,さまざまなモチーフが消えては生じて,生まれては死んでいく.その生成は部屋に反響する鈴の音のようにこだまし,生命的な起伏を繰り返しては1つの波を紡ぐように感じられる.風に吹かれる布の振る舞いも,空気を揺らす音の振動も,光の反射の作るわず かな揺れも全ては繋がっている.部品が循環するデジタルの世界の輪廻転生も,生じては消える映像のフォトンも,時空間の中に点在する記憶を再生し,風塵の中に姿を隠す.コンクリートの持つ反響,鉄骨の持つ錆びた手触り,骨と筋肉の運動,軀の残響.生命の終わりに描かれる燐光が,自然の中で信仰を生み出すような瞬間を切り取りたい.ここに生じる内発的で,自然の内に秘めた信仰は,僕が育ってきた環境に内包される霊性だろうか.いくつもの風景を通り過ぎ,スナップ写真を撮り続ける中で,その燐光する霊性をフレームの内側に切り出す.

落合陽一(Yoichi Ochiai)メディアアーティスト:
1987年生。 東京大学大学院学際情報学府博士課程修了、 博士。 2015年World Technology Award、 2016年Prix Ars Electronica、 EUよりSTARTSPrize、 Laval Virtual Awardを2017年まで4年連続5回、 2019年SXSW Creative Experience ARROW Awards など受賞。 イメージと物質、 自然と計算機の境界を探求し、 表現を追求。 計算機科学・応用物理・メディア芸術の枠を自由に越境し活動している。 1月には初の写真集「質量への憧憬」を発売。 直近の個展としては「質量への憧憬」(amana)、 「情念との反芻」(ライカ銀座)など。

S’YTE x 落合陽一写真展 限定アイテム(全4型)
本展開催を記念し、 落合氏の作品や含蓄のあるメッセージをプリントしたアイテムを期間限定、 数量限定にて展開いたします。