CAMPER

スペイン、 マヨルカ島発のシューズブランド「カンペール」の2020年春夏コレクションは、 新しい季節の訪れにふさわしい、 ネオンカラーの遊び心溢れるスタイルが登場しました。

 

 

 

「キャンプ」からインスピレーションを得た今シーズンのコレクションは、 スペイン人アーティスト、 クラウディア・マテ(Claudia Maté)のデジタルアート作品によってそのコンセプトを探求します。 コレクションの背景にある伸びやかな雰囲気を持ちながら、 ティーンエイジャーのグループが週末にヴァーチャルな世界を離れ、 自然の世界へ飛び込む純粋無垢な姿が表現されています。 シュールなイメージのマテの作品は、 3Dのキャラクターたちが、 つま先に感じる草の感触や野生の花の香り、 頬に感じる太陽の温かさなど、 母なる自然と再び触れ合わせてくれます。 夜になると何か別の物語が起きていることでしょう。

カンペールは、 これまでも異なる分野のアーティストや建築家などと多数のコラボレーションを実施しております。 革新的でクリエイティブなブランドであることを表現するため、 デザインだけではなくコミュニケーションとして斬新且つ先進的な方法での取り組みを目指しています。 今回、 クラウディア・マテを起用したことも、 ブランドの考えに直結しています。

ネオンカラーと遊び心溢れるデザイン要素を融合した夏らしいピクス(Pix)、 コーブ(COURB)、 ナッシング(NOTHING)は、 楽しい時間を過ごすのに不可欠な、 自由とユーモア、 何か面白いことが見つかるどこか遠くの場所へ誘います。

 

 

クラウディア・マテ(Claudia Maté) は、 ロンドンを拠点に活動するスペイン人アーティストです。 作品は、 プログラミング、 3D、 動画、 ビデオゲーム、 バーチャルリアリティ、 サウンドなど、 幅広いフォーマットを通して新しいメディアを切り開いています。 「見慣れたものに奇妙さ」「未来的なものに不思議さ」を融合させることで、 特定のイデオロギーにとらわれない独自の世界観を作り上げました。 インターネットとテクノロジーを用いて作られた、 超現実的なデジタルワールドはどんなことでも可能になり、 そしてすべてが見た目のままではないような世界を創造しています

<ピクス(Pix)>
既存のベーシックなカラーに加え、 ネオンカラーのシューズとブーツが登場。
シンプルでありながら複雑な構造の「ピクス」は、 垂直カットが特徴的な3Dアウトソールと、 歩行時に起きるねじれを抑制し、 安定感をもたらす”Xシェイプドトーションテクノロジー”を採用。
EVA製アウトソールによる軽量ソールに加え、 今季は、 ライニングに再生PET素材を使用するなど更にアップグレード。

 

カンペール公式オンラインショップ: https://www.camper.com/ja_JP/
日本公式インスタグラム: https://www.instagram.com/camper_japan/