H&M sustainability ambassador

H&Mは、 日本におけるH&M初のサステイナビリティ・アンバサダーとして水原希子さんの就任を発表しました。 「LET'S CHANGE FASHION」をテーマとして、 春から夏にかけて発表されるH&Mの3つのサステイナブル・コレクションを通して、 よりサステイナブルなファッションの未来に向けて100%循環型のファッションを目指すキャンペーンとなります。

 

 

 

第一弾のコンシャス・エクスクルーシヴに続き、 第二弾のスプリング・ファッション・コレクション(Spring Fashion Collection)もまた、 リサイクル素材やサステイナブルに調達された素材を中心に作られています。 H&Mは、 2020年までに、 使用する すべてのコットン をリサイクル、 またはサステイナブルに調達されたものへと切り替えるという長年のゴールを、 2020年始めに達成しました。 そしてこれは、 2030年までに、 使用する すべての素材 をリサイクル、 もしくはサステイナブルに調達された素材へと切り替えるというH&Mの目標に向けた新たな一歩です。

 

 

2020年スプリング・ファッション・コレクションは、 ミニ丈からマキシ丈までの様々なワンピースを中心とし、 躍動するようなボリューム感とタイトなシルエットのコントラストに加え、 ラッフル、 パワースリーブ、 パフショルダーといった1980年代を意識したデザインが揃っています。 クリスプコットンやイギリス刺繍、 シワ加工の素材、 オーガンジーレースなどの繊細なディティールが、 モダンでリラックスした雰囲気を添えてくれます。
コレクションは4月2日より、 H&M全店舗と公式オンラインストア(hm.com/jp)にて発売します。

ドットプリントロングワンピース¥2,499(100%テンセル(TM)リヨセル
ドットプリントロングワンピース¥2,499(100%テンセル(TM)リヨセル

希子さんが着用したのは、 100%オーガニックコットンのフラワープリントミニワンピースと、 環境に負荷の少ない天然素材テンセル™リヨセルを100%使用したドットプリントロングワンピース。



フラワープリントミニワンピースは、 肩にギャザーの入ったボリュームスリーブと、 スモッキングされたボディが完璧にフィットします。

また、 ドットプリントロングワンピースは、 たっぷりとしたスリーブとフレアヘムがとても華やかな一着です。

コレクションは、 オーガニックコットンや、 テンセル™リヨセル、 リサイクルポリエステルを主に使用しており、 それぞれ少なくとも50%以上はサステイナブルな素材を使用しています。

【キャンペーンムービー】
4月2日からテレビコマーシャルとして放映されるグローバルキャンペーン動画も H&M公式Youtubeで公開されました。