新潟加島屋×AKOMEYA TOKYO

新潟県の信濃川や阿賀野川で獲れる鮭や鱒などの塩干物を商う店として、 1855年に創業した「加島屋」。 日本人には馴染みの深い「さけ茶漬」を看板商品とし、 新潟の風土や食文化の中で受け継がれてきた郷土の味を作り続けています。 自分たちの目で確かめ、 吟味を重ねて選んだ素材を主原料に、 手間も時間もかけて手作りの味を探求。 素材の美味しさを、 そのまま食卓へお届けしています。
https://www.kashimaya.jp/

だし茶漬において工夫した点は塩味のバランスに合わせた調味料の配合です。 単に塩の味が濃いということではなく、 鮭や鱈子その1つ1つの濃さには個性があります。 その塩味の良さを均一に活かすための調味料の配合バランスにはとても苦労しました。 また、 夏でも冬でも一年中通してお客様にお召しあがり頂けるようにと水戻しで食することが出来る点はフリーズドライの良さを活かしております。

■特設ページ 
https://www.akomeya.jp/shop/pg/1kashimayaakomeya2020/

■店舗情報
SHOP LIST: https://www.akomeya.jp/store_info/store/list.aspx

■AKOMEYA TOKYO 各種公式ページ
HP    :  https://www.akomeya.jp/
Instagram :  https://www.instagram.com/akomeya_tokyo/
LINE@    :  https://page.line.me/akomeya-tokyo
Facebook :  https://www.facebook.com/akomeya.jp
Twitter  : https://twitter.com/akomeyatokyo