KKW Fragrance×MISAKY.TOKYO

2019年11月、 米国で誕生した和菓子D2Cスタートアップ「MISAKY.TOKYO(ミサキ・トウキョウ 以下、 当社)」(米国ロサンゼルス、 Co-founder/CEO 三木アリッサ)は、 米国時間2020年11月25日にリリースされたキム・カーダシアン氏のフレグランスブランド「KKW Fragrance」新商品PR特別BOX製作コラボレーションを実施したことを発表します。 そして、 コラボレーションの際に「MISAKY.TOKYO」新商品「Crystal Treats(クリスタル・トリーツ)」を提供したことをお知らせします。
また、 iSGSインベストメントワークス、 KZM & Company山内 一馬氏(元KonMari Media, Inc. 共同創業者)、 franky株式会社 取締役 COO 西川 順氏(株式会社エウレカ創業者)等を引受先とした、 第三者割当増資を実施しましたことを併せてお知らせいたします。 ■キム・カーダシアン氏がプロデュースするフレグランスブランド「KKW Fragrance」とのコラボレーションの背景

1億9千万人超のインスタグラムのフォロワーを持ち、 米国を代表するセレブリティである”キム・カーダシアン”。 彼女が手掛けるフレグランスブランド「KKW Fragrance」の新商品(米国時間11月25日リリース)発表にあたり、 限定顧客向けPR特別BOX製作パートナーとして、 当社がコラボレーション依頼を受けました。
世界の流行を作るセレブリティの一人として世界中のメディアがその動向に注目しているキム・カーダシアン氏、 その彼女が手がけるフレグランスブランド「KKW Fragrance」とのコラボレーションは、 D2Cスタートアップである「MISAKY.TOKYO」のビジネス拡大において最良の機会と判断し、 当社新商品「Crystal Treats」をベースに特別コラボレーションセットを製作し、 「KKW Fragrance」へ提供しました。

今回のコラボレーションで提供したのは「MISAKY.TOKYO」の新商品「Crystal Treats」です。 海草をベースにフルーツや花などの自然由来のエキスを贅沢に使用することで、 リッチな味や香りを充分に楽しむことができます。 その一方でビーガン(完全菜食主義者)・グルテンフリー・無添加を実現し、 世界中の人が安心して食べられて、 しかも美味しいと喜んでいただける、 「MISAKY.TOKYO」が独自に開発したオリジナル和菓子です。
特に米国では、 地球にも人にもやさしいサスティナビリティの高い製品へのニーズが高く、 この文脈に合致し、 さらに美しいデザインと菓子としての味、 香り、 斬新さを兼ね備えた「Crystal Treats」が、 世界トップクラスのインフルエンサーであり米国を代表するセレブリティであるキム・カーダシアン氏がプロデュースするフレグランスブランドの新商品の世界観を象徴する、 と評価を得たことから今回のコラボレーションが実現しました。

■ソーシャルメディア上の反応

キム・カーダシアン氏が手がけるフレグランスブランド「KKW Fragrance」の新商品に「MISAKY.TOKYO」の「Crystal Treats」が同梱されることを、 キム・カーダシアン氏自らのインスタグラムアカウントのストーリーズに2020年11月21日(日本時間)掲載いただきました。 また。 新商品PR特別BOXを手にしたChristine Quinn氏(Netflix / Selling Sunset主演、 130万人フォロワー)、 Stacey Bendet氏 (NY発ファッションブランドAlice + Olivia CEO, 100万人フォロワー )、 他の米国インフルエンサーもインスタグラムで「MISAKY.TOKYO」「Crystal Treats」の掲載を始めております。 1億9千万人超のインスタグラムフォロワーがいるアカウントからのバイラル効果は「MISAKY.TOKYO」の戦略であるD2C販売促進への大きな後押しとなります。

■「MISAKY.TOKYO」とは

「日本の職人が活躍できるグローバル・ラグジュアリー・ブランドを築く」をビジョンに掲げる「MISAKY.TOKYO」は2019年11月米国ロサンゼルスにて創業しました。 これまでに”シュレック”、 ”マイノリティ・リポート”などを手がけるハリウッドの大手映画会社「ドリームワークス(創設者、 スティーヴン・スピルバーグ他)」本社での販売(10社中の1社)やビバリーヒルズの最高級宝石店などをクライアントに持ち、 「MISAKY.TOKYO」のTikTokアカウントが12万人にフォローされる(2020年11月26日現在)など、 米国でも多くの話題を集めています。