Anywhere, Anytime, Anyhow : Cheese on live!

フランス産チーズ インフルエンサーイベント「Anywhere, Anytime, Anyhow : Cheese on live!」がオンライン開催された模様をまとめました。 「#いつでもチーズ」レシピのチャレンジから目が離せません!  EU連合と CNIEL(フランス全国酪農経済センター)は、 2020年~2022年までの3年間、 「チーズの故郷、 ヨーロッパ、 どこでも、 いつでも、 食べ方いろいろ」 #チーズはやっぱりフランスでしょ。 を、 テーマにキャンペーンを展開しています。

ヨーロッパとりわけフランスから届く本場のチーズを、 日本の消費者に、 「ご家庭でも、 レストランでも、 朝食に、 おやつに、 いろいろな食べ方で親しんでほしい」という想いが込められています。

2年目となる2021年のテーマは、 Anytime=#いつでもチーズ

 

5月11日(火)に、 日本・台湾・韓国の各国、 地域から2名、 合計6名のフードインスタグラマーがレシピを同時公開するライブ配信のクローズドイベントが開催されました。 新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言発出というの状況下であったため、 イベントは無観客で実施。 関係者スタッフも徹底的な感染防止対策のもと、 東京・白金台「MuSuBu( https://www.happo-en.com/musubu/ )」から、 台湾、 韓国、 そしてフランスとオンラインでつなぎいで行われ、 日本では10名の食のインフルエンサー(招待制)が、 事前に送付されたフランス産チーズとともに、 リモートで視聴参加しました。

 
 
  • チーズ専門家によるフランス産チーズセミナー(フランスからのビデオ上映)

イベントは、 日本・台湾・韓国の計6名のフードインスタグラマーの自己紹介からスタート、 世界最優秀フロマジエ2015のチーズの専門家、 ファビアン・ドゥグレ氏によるフランス産チーズのレクチャービデオが放映され、 一日中「いつでもチーズ」を味わう「3つのAnytimeチーズレシピ」のプレゼンテーションが行われました。

  • 「#いつでもチーズ」をもっと楽しんでいただくために

パワーチャージをしたい朝食、 小腹が空いた時のおやつやコーヒータイム、 そして、 夕食や食後のデザートに…。 また「いつでも」の概念には、 フランス産チーズの多様性や「旬」、 さらには「疲れた時」や「恋をしている時」などの気持ちや日常のシーンに寄り添うものまで含まれます。

今秋には、 レストランプロモーション、 チーズサンプリング、 チーズプロフェッショナルによるチーズテイスティング・セミナー、 チーズにまつわるオンラインセミナーなど、 消費者向けのフランス産チーズのプロモーションイベントを開催予定。 「#いつでもチーズ」をキーワードに、 【キャンペーン公式 SNSアカウント】で情報発信を随時行いながら、 様々な角度からアプローチしていきます。

今後も、 CNIELが発信する美味しい情報にご注目ください。

 

【CNIEL について】

CNIEL (フランス全国酪農経済センター) は、 国内の酪農家、 および乳業メーカーが加盟する非営利団体で、 国内外で以下の活動を行っています。
1 酪農業界の経済動向、 および乳製品が健康に与える影響に関するリサーチ
2 チーズを中心としたフランス乳業製品の良質なイメージの促進と消費拡大のための広報活動

 【キャンペーン公式 SNSアカウント】
http://instagram.com/homeofcheese_jp
https://www.facebook.com/homeofcheeseJP/