teamLab Borderless

チームラボボーダレス(東京・お台場)

本日7月15日(木)

「運動の森」や「光の彫刻空間」などが大規模リニューアル

10000平米の複雑で立体的な「地図のないミュージアム」での体験が更に拡張

東京・お台場の森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス(以下、チームラボボーダレス)は、夏休みに先駆け、あす7月15日(木)より、「運動の森」や「光の彫刻空間」などが大規模リニューアルします。自分が描いた絵がグッズになり、思い出を持ち帰ることができる「お絵かきファクトリー」も新設され、10000平米の複雑で立体的な「地図のないミュージアム」での体験が更に拡張します。また、チームラボボーダレスが、単一アート・グループとして、世界で最も来館者が多い美術館として世界記録に認定されました。

 

チームラボボーダレス 公式ウェブサイト: https://borderless.teamlab.art/jp/ 

大規模リニューアルする「運動の森」のダイジェスト映像

チームラボボーダレス ダイジェスト映像

全身を使って体験できる「身体で世界を捉え、世界を立体的に考える」がコンセプトの「運動の森」には、新たに4作品が登場します。

《タイフーンの上のエアリアルクライミング》は、ロープで吊られた、空中に浮かぶ棒を落ちないように渡っていくことで、作品空間が変化していきます。《インビジブルな世界のバランス飛石》は、飛石を踏むことで美しい音や色彩が空間に広がります。また、《弾む水の天才ケンケンパ》は、水に浮かんだ記号の上を跳ぶことで魚や蝶、鳥が生まれます。 《鼓動する大地》は、高低差のある立体的な地形の大地が、人々の動きによって、うごめきます。

 

また、光の線の集合による彫刻に身体を没入する「光の彫刻空間」では、新たに5作品《Chromatic Light Wall - Pass Through》、《Nucleus of Life》、《Aurora Lights II》、《Revolving Tunnel》、《Polyhedron》が加わり、光でできた空間や立体物が、身体を包み込み、身体を没入させていく体験が、更に拡張しました。

 

さらに、「Borderless World」にも新たな作品が加わり、空間もより巨大に拡張されます。

新たな作品《反転無分別、境界を越えて描かれる》は、ディスプレイの中の「書」の作品が、ディスプレイの境界を超え、「Borderless World」全体を連続した一筆で描いていきます。そして、《花と人の森、埋もれ失いそして生まれる》の花々などを散らせるなど、他の作品に影響を与えます。描かれ続けた一筆は、竹を描くなど、他の作品に連続していきます。

 《花と共に生きる動物たち II》や、《Walk, Walk, Walk: 探し、遠ざかり、また 出会う》などの作品空間も、より巨大な空間へと拡張されます。

 

この度新設される「お絵かきファクトリー」では、《世界とつながったお絵かき水族館》や《グラフィティネイチャー》で自分が描いて動き出した魚やワニが、その場でグッズになり、体験を持ち帰ることができます。

 

※当館では、新型コロナウイルス対策を徹底し、館内の環境整備に努めております。

詳しくは、公式ウェブサイトをご確認ください。

森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス

teamLab Borderless:MORI Building DIGITAL ART MUSEUM

http://borderless.teamlab.art/jp

#チームラボボーダレス #teamLabBorderless

 

所在地: 東京都江東区青海1-3-8(お台場パレットタウン)

料金: 大人(高校生以上)3,200円、障がい者割引 1,600円、子ども(中学生以下)1,000円

※3才以下は無料。

※障がい者割引の対象は、障がい者手帳をお持ちの方ご本人様と同伴者1名まで。

※開館時間・休館日はシーズンによって異なります。詳しくはウェブサイトをご確認ください。

 

 

【新型コロナウイルス感染症への対策について】

当館では、新型コロナウイルス対策を徹底し、館内の環境整備に努めております。

詳しくは、公式ウェブサイトをご確認ください。

【チームラボ】

アートコレクティブ。2001年から活動を開始。集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、そして自然界の交差点を模索している国際的な学際的集団。アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されている。

 

チームラボは、アートによって、自分と世界との関係と新たな認識を模索したいと思っている。人は、認識するために世界を切り分けて、境界のある独立したものとして捉えてしまう。その認識の境界、そして、自分と世界との間にある境界、時間の連続性に対する認知の境界などを超えることを模索している。全ては、長い長い時の、境界のない連続性の上に危うく奇跡的に存在する。

 

ニューヨーク、ロンドン、パリ、シンガポール、シリコンバレー、北京、台北、メルボルンなど世界各地で常設展およびアート展を開催。東京・お台場に《地図のないミュージアム》「チームラボボーダレス」を開館。2022年末まで東京・豊洲に《水に入るミュージアムと花と一体化する庭園》「チームラボ プラネッツ」開催中。2019年上海・黄浦濱江に新ミュージアム「teamLab Borderless Shanghai」を開館。2020年6月にマカオに常設展「teamLab SuperNature Macao」ソフトオープン。2021年7月16日から九州・武雄温泉・御船山楽園にて「ボルボ チームラボ かみさまがすまう森」開催。

 

チームラボの作品は、ロサンゼルス現代美術館(ロサンゼルス)、ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(シドニー)、南オーストラリア州立美術館(アデレード)、サンフランシスコ・アジア美術館(サンフランシスコ)、アジア・ソサエティ(ニューヨーク)、ボルサン・コンテンポラリー・アート・コレクション(イスタンブール)、ビクトリア国立美術館(メルボルン)、アモス・レックス(ヘルシンキ)に収蔵されている。

 

teamLab is represented by Pace Gallery, Martin Browne Contemporary and Ikkan Art.

 

チームラボ: https://www.teamlab.art/jp/

Instagram: https://instagram.com/teamlab/

Facebook: https://www.facebook.com/teamLab.inc

Twitter: https://twitter.com/teamLab_news

YouTube: https://www.youtube.com/c/teamLabART