Lee ARCHIVES〈WWⅡ model〉

ヴィンテージ市場でも現存数の少ない異質な存在のWWⅡ通称大戦モデル。

 

その稀少なアイテムを忠実に復刻したモデルを今年1月に発売し話題となり、

 

一時は完売になるなど注目を集めました。

 

今回はそれらを環境に配慮したレーザー加工にくわえ、

 

1着ずつ手作業でこすりを入れることにより自然な色落ち加工を施したユーズド仕様を発売します。

 

ディテールだけでなく、ヴィンテージデニムの風合いまでこだわり抜いたアイテム。

 

数量限定でLee直営6店舗にて2021年7月22日(木)に発売します。

 

 

 

■大戦モデルとは

 

戦時中、軍用に大量の資源が必要となり物資統制を行いました。

 

軍衣料を供給していたLeeも例にもれず、部材簡素化を命じられ様々な仕様変更を強いられました。

 

後にも先にも無いこの時期だけに見られる異質な仕様は大戦モデルの大きな特徴であり、

 

一目置かれる所以であります。

 

 

 

■Lee ARCHIVES

 

Lee「アーカイブス」は、伝説的なプロダクトたちを現代に蘇らせるプロジェクトです。

 

アメリカ・カンザス州で雑貨の卸売業を営んでいた創業者、

 

ヘンリー・デヴィッド・リーが1911年に自社工場でワークウェア事業を

 

始めて以来、100年以上もの歴史の中で輩出したマスターピースの多くは現在、

 

ヴィンテージウェアとしてコレクションと研究の対象であり、貴重な歴史的遺産となっています。

 

「アーカイブス」はそれらコレクションを忠実に復刻し、

 

オリジナルと遜色無い折り紙つきのクオリティで再現しています。

■COWBOY PANTS WWⅡ LM6201-46

 

¥30,800(税込) 本体価格¥28,000  SIZE(inch):28/29/30/31/32/33/34/36

 

 

 

戦時中の物資統制により、さまざまな仕様変更を余儀なくされた大戦期特有のディテールを忠実に再現。

 

色落ち加工にこだわり、まるで長い年月をかけてはき込まれ退色したような風合いを出しています。

 

生地には、防縮加工やねじれ防止などしていない右綾セルビッジデニムを採用。

 

ボタンやリベットには鉄製ならではの錆が見られディテールの経年変化再現にも抜け目がありません。

 

■COWBOY JACKET  LM6012-46

 

¥41,800(税込) 本体価格¥38,000  SIZE(inch):36/38/40/42/44/46

 

 

 

物資統制および製造工程簡略化のため、ダブルステッチや胸ポケットの

 

フラップ仕様変更やバックルバック廃止など当時のディテールを忠実に再現。

 

腕の関節部分や脇腹など擦れやすい部分を考慮して色落ちの濃淡を出し、実際の着用に基づいた加工を施しています。

 

COWBOY PANTS同様こちらも右綾セルビッジデニムを採用しています。

 

前身頃に強く入ったこすりや、タグの襟元タグの退色がヴィンテージのオーラを一層引き立てます。