WATOWA GALLERY × WHAT CAFE

アートプロジェクト集団 WATOWA GALLERY

 

寺田倉庫が運営するアートギャラリーカフェ「WHAT CAFE」とコラボレーション企画展を2022年4月2日(土)より開催中。

 

WATOWA INC.(東京都渋谷区 代表取締役:小松隆宏)は、寺田倉庫が運営するアートギャラリーカフェ「WHAT CAFE(ワットカフェ)」とのコラボレーション企画展「WHAT CAFE × WATOWA GALLERY EXHIBITION -DRIVE UP!-」展を2022年4月2日(土)から4月24日(日)まで開催いたします。

 

■「WHAT CAFE × WATOWA GALLERY EXHIBITION -DRIVE UP!-」展とは

アート・コミュニケーションの場を提供するアートプロジェクトプロデュース集団「WATOWA GALLERY」とのコラボレーションにより、アートフェア等で活躍する現代アーティストから、音楽・ファッション・デザイン・ゲーム業界出身の新進気鋭アーティストまで、さまざまなルーツを持つ13名による作品を約100点展示します。

 

会期後半となる2022年4月16日(土)から24日(日)までの期間は、会場周辺で開催されるイベント「天王洲キャナルフェス2022春-FOOD TRUCK STADIUM-」と連動して「WHAT CAFE SPECIAL MARKET 2022 SPRING」を開催。出展アーティスト・作品数を大幅拡大し、在廊するアーティストとの対話や公開制作の鑑賞をお楽しみいただけるほか、期間限定のカフェの出店も予定しています。

 

■WATOWA INC. 代表取締役 小松隆宏 コメント

コロナ禍において、私のようなファッションをやっていた人間がアート分野に入ることで、また、このCOVID-19という大病が生んでいる、世界に、社会に、人々に与えた衝撃と影響によって、日本が世界との接続も含めアートで何かしらのムーブメントが起こるのではないか?または、起こせるのではないか?と、期待してしまった自分がいました!その大きなムーブメントの兆しに光を感じ、アートプロジェクトのプロデュース集団としてWATOWA GALLERYを立ち上げました。

 

WATOWA GALLERYはアートイベント、パーティー、エキシビジョンの演出、アートツーリズム、アートアワードなど日本のアート業界のプロデュースを目指しています。その中でも重要となってくるアートイベントを日本の"アート倉庫"や"場"や"コミュニティ"などの創出でアートシーンを牽引する寺田倉庫さんのWHAT CAFEとコラボレーションができることはとても光栄なことです。 そしてこのような企画が増えることで、アーティストの発表や評価される場所を増やすことにも、日本のアートコレクターを増やすことにもつながると思っています。

 

今回のキュレーションは、WATOWA GALLERYのプッシュアップしている作家たちと、昨年開催されたWATOWA ARTAWARDにて一次審査を通過したフレッシュなアーティストの選抜となります。どの作家も、コロナ禍において心境や環境の変化とともに、作風や新たな作品群を生み出しています。この時代だからこその日本におけるアートであることは間違いありません。 是非、今の日本の"DRIVE UP"の瞬間を目撃してください。

inner _4 正面
inner _4 正面
ZOOM (ATHOME no. 3)
ZOOM (ATHOME no. 3)

 

<開催概要>

展示期間:2022年4月2日(土)〜4月24日(日)

営業時間:11:00 〜 18:00(最終日は17:00閉館)※4月22日(金)、23日(土)は21:00閉館

会場 :WHAT CAFE(〒140-0002 東京都品川区東品川2-1-11)

入場料 :無料

企画協力:WATOWA GALLERY

URL :https://cafe.warehouseofart.org/exhibition/497/

 

-出展アーティスト-

全会期出展:相澤安嗣志、榎本マリコ、奥田栄希、OLI、かせきさいだぁ、佐野凜由輔、SARUME、SNEAKERWOLF、

 

にいみひろき、buggy、ヒロ杉山、藤元明、三原回

2022年4月16日(土)より出展:榎本大翔、角谷紀章、葛本康彰、坂本左衛門、桜井旭、しまだたかひろ、簡麗君、

髙戶蒼月花、竹内義博、田中紳次郎、辰⺒寧々、田辺結佳、東條由佳、豊田奈緒、⻄村大樹、橋本佑紀夫、古屋駿、

PYURURINKO YOSHIDA.、三上俊希、Meta Flower、U-ku、若佐慎一(敬称略・五十音順)

※展示の入れ替えや貸出イベントなどで休館することがあります。詳しい営業日は公式サイトをご覧ください

※感染症拡大防止の観点により開催中止・一部内容や時間が変更になる場合があります