ART WEEK TOKYO

今秋、「アートウィーク東京」がさらに進化し開催

東京の現代アートを牽引する11の美術館/インスティテューション、41のギャラリーが集結

 

2022年11月3日(木)~6日(日)開催

美術館やギャラリーを巡回する無料のシャトルバスが都内を運行

一般社団法人コンテンポラリーアートプラットフォームは、世界最高峰のアートフェア「アートバーゼル」と提携し、

文化庁の助成を受け、都内の主要なアートスポットを 無料シャトルバスで繋ぐ「モビールプロジェクト」を実施する

東京都とアートウィーク東京モビールプロジェクト実行委員会とともに、日本の現代アートの創造性と多様性、

またそのコミュニティーを国内外に紹介する国際的なアートイベント「アートウィーク東京」を、

2022年11月3日(木)~6日(日)の4日間、都内各所を拠点に開催します。

昨年、4日間で2万人以上が参加した「アートウィーク東京」は、さらに進化します。

(公式URL:https://www.artweektokyo.com/)

 

■「アートバーゼル」と提携し、国内アート市場の活性化をめざす

「アートウィーク東京」は、東京の主要なアートスポットを結びつけるイベントです。

東京の現代アートを支える場所や人物を国内外のより多くの人々に紹介し、日本のアートの国際的な認知度を高め、

日本と海外のアートシーンの交流を促し、日本における現代アートの健全で活発なエコシステムを構築し、

地域の特性と国際的な活動の連携を促進することを目的としています。

そして、昨年の協力を経て、今年は日本で初めて「アートバーゼル」と提携し、

国際発信だけでなく国内アート市場の活性化もめざします。

東京都写真美術館外観
東京都写真美術館外観

■より進化する「アートウィーク東京」の3つの進化ポイント
本年度の「アートウィーク東京」は、より進化したさまざまなコンテンツをご用意しています。
東京の現代アートを牽引する美術館やギャラリー、アートスペースが企画する展覧会はもとより、
日本の現代アートの美術史的文脈や対話に焦点をあてたオンラインのトークシリーズなど多彩なプログラムを実施します。

進化ポイント① : 5 つの美術館/インスティテューションが増加し合計11施設参加。
オンライントーク・プログラムによる美術教育も。
進化ポイント② : 老舗から若手まで多様な現代アートを扱う41 ギャラリーが集結
進化ポイント③ : 専用アプリと無料のシャトルバスで新しいアートアクティビティがより身近に

昨年の様子:森山泰地個展「木を見て森を見る」 (KANA KAWANISHI GALLERY)展示風景
昨年の様子:森山泰地個展「木を見て森を見る」 (KANA KAWANISHI GALLERY)展示風景

※VIP イベント参加者向けの有料パスは 9 月以降に公式ウェブサイトからご購入いただけます

〇問 い 合 わ せ:info@artweektokyo.com

〇公式U R L:https://www.artweektokyo.com/ (プログラムの詳細は 6 月発表予定)

〇F a c e b o o k:https://www.facebook.com/Art-Week-Tokyo-109135978062118

〇I n s t a g r a m:https://www.instagram.com/artweektokyo/

〇T w i t t e r:https://twitter.com/ArtWeekTokyo