BSS〈BAMBOO SHOOTS SOUVENIR〉

東京・中目黒発のBAMBOO SHOOTSは、“スーベニア”をキーワードに新たな形でアイテムを提案する

新ライン、BSS〈BAMBOO SHOOTS SOUVENIR〉を2022年春夏よりスタートします。

BSSではウェアのみに留まらず、グッズも制作。

 

第一弾はデイリーでも外遊びでも使えるよう 定番のコットンボディと速乾ボディの2種類を採用した

Tシャツ、職人が一枚一枚手作業で染め上げる拘りの「手抜染」で染めた手ぬぐい、軽量なエコ素材

「バンブーファイバー」製のマグカップを展開します。また今回のデザインには「アウトドア」を

テーマに、8名のアーティストが2型ずつBSSのために描き下ろしたスペシャルなグラフィックを

落とし込みました。

 

 

参加アーティスト

■ Hikaru Matsubara:1988年生まれ。漁師などを経て、アーティスト活動をスタートする。グラフィカルな形とシンプルな線に少しのユーモアを交えた表現をするアーティスト。2018年に参加した「UNKNOWN ASIA2018」では、Jeon Woochi賞、池田誠審査員賞を受賞。

 

■ Kenkagami:現代美術作家。1974年 東京生まれ。国内外の数々の個展、グループ展に参加。ドローイング、スカルプチャー、パフォーマンスなど表現形態は幅広い。アパレルブランドとのコラボレーションも多数手掛ける他、代官山に古着、オリジナル商品を扱う自身のお店ストレンジストアを2010年より構える。

 

■ noriteru minezaki:((STUDIO)) 主催。神奈川の山中、野生動物の多く住むエリアと東京恵比寿の2拠点で活動する。

 

■ Officeroom:2015年設立。東京を拠点にクリエイティブディレクション、アートディレクション、デザインなどを手掛ける。

 

■ オカタオカ:1986年宮崎生まれ。 桑沢デザイン研究所卒業。 イラストレーターとして書籍や雑誌の挿絵を手がける。 最近は平面だけでなく、石へのペイント、陶器、木彫りなどの立体も制作。

 

■ Shimizu Masashi: 1980年栃木生まれ。CI、カタログ、パッケージ、エディトリアル、アパレルなどグラフィックを中心に、現在栃木と東京2拠点で活動。著書に絵本『みんなでさがそう どこどこかくれんぼ』(コスミック出版)がある。gaimgraphics所属。

 

■ Takashi Koshii:1981年生まれのイラストレーター。栃木県出身。東京造形大学を卒業の後、CM制作会社に勤務、2009年よりイラストレーターとしての活動をスタート。雑誌、書籍、広告、WEB等で活動中。Swatchとのコラボレーションや、SHIPS、JOURNAL STANDARD relumeなどのクリスマスキャンペーンも手がける。

 

■ WOK22:名古屋出身福岡在住のグラフィックアーティスト、ペインター。2008年ライブペイントをしたのをきっかけに活動をはじめ、平行してグラフィック要素とイラストやライブペイント作品とのつながりを持った作品を制作。雲や蛸の足のモチーフを好んで描いており、自分の頭の中にあるポップでダークな部分を、様々な手法で表現する。