『FASHION FREAK SHOW』

エイベックス・エンタテインメント株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役社長:黒岩克巳)は、 世界的ファッション・デザイナーのジャン・ポール・ゴルチエが手がけるミュージカル・エンタテインメント『FASHION FREAK SHOW(読み:ファッション フリーク ショー)』のワールドツアーを主催します。 本ワールドツアーは、 2022年7月のロンドン公演からスタートし、 ヨーロッパ、 アジア、 オセアニア、 北米など世界約15ヶ国で上演を予定しています。 日本公演は、 2023年春頃開催予定です。

 

 2007年からシアター事業に本格参入し、 演劇・ミュージカル ショー・2.5次元作品など、 累計100以上のオリジナル作品を企画・制作してきました(※1)。 この度、 レーベル、 ライヴ、 マネジメント、 アニメ・映像など幅広いビジネスを展開できるエイベックス・グループの強みや、 多くの舞台の上演実績がジャン・ポール・ゴルチエに評価され、 当社として初の海外ミュージカル作品のワールドツアー主催に至りました。 本ワールドツアーにおいて、 当社は、 英国に拠点を置くRGM Productionsと共に、 契約、 制作、 プロモーションなど、 公演に関するビジネス全般をプロデュースします。

 

世界的ファッション・デザイナーである、 ジャン・ポール・ゴルチエの生い立ちからデザイナーとしての生涯を描いた本作は、 演出・デザインをゴルチエ自身が手掛け、 登場する衣裳の数は200点以上。 オリジナル楽曲制作を、 マドンナの「ライク・ア・ヴァージン」、 デヴィッド・ボウイ「レッツ・ダンス」など世界的ヒット曲を生み出した音楽プロデューサーのナイル・ロジャーズが担当します。 2018年にパリで延べ約25万人を動員した初演以来、 世界中からのラブコールを受け、 この度、 ワールドツアーの実施が決定しました。

 

今後も、  国内のみならず、 グローバルをターゲットにしたシアター・エンタテインメントの開発を積極的に行い、 世界に感動を届けていきます(※2)。

 

【『FASHION FREAK SHOW』ワールドツアー 概要】

開催時期:2022年7月~

開催場所:ヨーロッパ、 アジア、 オセアニア、 北米、 他

主催(主幹事):エイベックス・エンタテインメント株式会社/TS3 (A Fimalac Entertainment Company) / RGM Productions

※公演に関する詳細は、 公式サイト(2022年秋頃オープン予定)などで随時発表していきます。

 

【『FASHION FREAK SHOW』とは】

世界的ファッション・デザイナー、 ジャン・ポール・ゴルチエの生い立ちからデザイナーとしての生涯を描いた作品。 演出・デザインをゴルチエ自身が手掛け、 登場する衣裳の数は200点以上。 ゴルチエの貴重なコレクションから、 選りすぐりの代表作、 人気作が惜しみなく登場し、 このショーのために書き下ろした新作デザインの数々も見どころの一つと言える。 また、 オリジナル楽曲制作をマドンナの「ライク・ア・ヴァージン」、 デヴィッド・ボウイ「レッツ・ダンス」など世界的ヒット曲を生み出した音楽プロデューサーのナイル・ロジャーズが担当。 マドンナ、 クリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズ、 ストロマエ、 ミュージカル「レジスト」のダンスも手がけたフランスの振付師、 マリオン・モーティンが振付を手掛け、 コンテンポラリーからストリート、 ジャズなど多岐にわたるダンスが作品を彩る。 2018年にパリで初演以来、 “ありのままの自分を愛する”ゴルチエの多様なメッセージが現代社会の共感を呼び、 世界中からのラブコールを受け、 ワールドツアーの開催が決定。

 

【Jean Paul Gaultier(ジャン・ポール・ゴルチエ)とは】

1976年、 自身の名を冠した「ジャン・ポール・ゴルチエ」のブランドでプレタポルテコレクションで鮮烈にデビュー。 1980年代初頭にオンワード樫山とライセンス契約を結び、 以来、 親日家としても知られる。 2004年からはエルメスのデザイナーも兼務。 マドンナなどの世界的スターの衣裳も手掛け、 ファッション界を牽引し、 常に時代の先端を走るデザイナーとしてコレクションを発表。 2020年、 コレクションの引退を発表。 最後のショーには世界各国のセレブやスター、 トップモデルが集い、 葬儀から祝祭をイメージした、 美しく壮大なショーを手掛けた。 引退後も、 sacaiとのコラボレーションを手掛け、 その躍進は止まらない。

 

 

※1:これまで、 当社は、 ブロードウェイ作品『モンティパイソンのSPAMALOT』『ELF – The Musical』、 ラスベガス発サーカス・エンターテインメント『EMPIRE-エンパイア』やウエストエンド作品ミュージカル『プリシラ』、 韓国発パフォーマン『NANTA』などの招聘・日本語版上演を手掛け、 海外企業と共にサーカスショー『LENOIR ルノア~ダークシルク DARK SIDEOF CIRQUE~』を開発し、 世界各地で上演してきました。

 

※2:エイベックスは、 新たな時代を勝ち抜く「強いコンテンツIPの創造」を推進しており、 グローバルに展開できるIPの開発・育成に取り組んでいます。 本取り組みは、 シアター事業におけるグローバル戦略を加速させ、 事業の拡大を目指すものです。 IPとは、 "Intellectual Properties"の略で、 知的財産のことを指します。 エンタテインメント分野では、 アーティスト、 タレント、 楽曲、 アニメ・映像作品、 キャラクター、 ゲームなどがIPと呼ばれています。

 

【エイベックス コーポレートサイト・SNS】

コーポレートサイト: https://avex.com/jp/ja/

Twitter: https://twitter.com/avex_pr

Facebook: https://www.facebook.com/avex.official