GIRAFFE highball "GLENMORANGIE"

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社(東京都千代田区神田神保町)にて取り扱いのシングルモルト・ウイスキー、グレンモーレンジィは、ブランドの1つのシンボルとして表現してきた絶滅危惧にあるキリンの保全活動を2020年6月21日の世界キリンの日よりスタートし、その活動は様々な形で継続しています。

 

グレンモーレンジィは1843 年の創業時から、スコットランドでもっとも高さのある蒸留器を使用しており、それは大人のキリンとほぼ同じ5.14mほども あります。

背の高いポットスチル(蒸留器)は、繊細で華やかなアロマを持つ原酒を抽出でき、グレンモーレンジィの味わいの大きな特徴の 1 つとなっています。

キリンをブランドの1つのシンボルとして表現してきたグレンモーレンジィでは、キリンの保全活動のサポートとして、スコットランド王立動物学協会および、キリン保全財団とパートナーシップを結び、活動をしてきました。

 

 

グレンモーレンジィでは、2020 年の世界キリンの日( 6 月21日)から保全活動をスタートさせ、この2年で以下の活動結果が報告されています。

 

•15のヌビアキリンの群れを安全な生息エリアへ誘導することに成功しました。

•190頭のキリンを密猟者たちが仕掛けた生命を脅かす罠から解放しました。

•ウガンダの2人の獣医の仕事を支援し、その広範な任務には重要な教育作業が含まれます。

•キリンから収集した遺伝子サンプルで、スコットランド王立動物学協会が、その生態や存続についての研究を進めています。

•キリンの数が増えていることを確認するために、主要なキリンの個体数を長期的に観察できるようにしました。

•新型コロナウィルスの影響で中断されていたスコットランドのエディンバラ動物園におけるキリンの生息研究施設の整備が2021年に整い、無事にアフリカからキリンを迎え入れることができました。

•アフリカ最大級のキリンの獣医学的救助プログラムにおいて、300頭以上のヌビアキリンを含む

445頭以上の動物の命を救う手助けをしてきました。

•マーチソンフォールズ国立公園で現存するヌビアキリンの個体数を危うくする6,000 個の針金を取り除きました。

•約25年前にキリンが絶滅したウガンダの一角に新たなキリンの個体群を作るため、 29 頭をピアンウペ猟区に移動させ、キリンの新しい生息地の創造に貢献しました。

 

しかし、残念ながらキリンたちの状況が飛躍的に改善したわけではなく、これからもその保全活動を継続的に展開できるようにしていくことが重要です。

グレンモーレンジィでは、このような様々な形でのサポートでキリンの保全に貢献できるように2023 年末まで引き続き活動していきます。

今年の世界キリンの日は、グレンモーレンジィのジラフハイボールで、遠いアフリカの大地で葉を食むキリンに思いを馳せてみませんか。

グレンモ―レンジィ ジラフハイボール

 

グレンモーレンジィオリジナルの爽やかな柑橘のアロマを活かした、

簡単でエレガントなジラフハイボールは、キリンのように背の高~いグラスで美味しく楽しくいただきましょう!

 

1.オレンジ半個分の果汁を絞ります。

2.グラスに氷、くし型にカットしたオレンジを入れ、絞ったオレンジの果汁とグレンモーレンジィ オリジナル(50ml)を注ぎます。

3.炭酸水(50ml)とトニックウォーター 50ml)を加え、軽くステアして出来上がり!