研鑚 study Exhibition vol.02

研鑚 study  Exhibition vol.02

 

 期間: 2022年7月15日(金) - 7月24日(日)

 

時間: 11:00 - 20:00 

 

会場: JOHN SMEDLEY 京都店

 

京都府京都市中京区場之町586-2 新風館1F

 

出展作家:山田隆太郎/野口寛斉/安齊賢太/マリオン・グロー

 

 ※状況に応じて入場制限をさせていただく場合もございます。

 

<問い合わせ先> 

ジョン スメドレー京都 TEL 075-708-7878


山田隆太郎

     彼のうつわは力強いだけでなく整った美しさも兼ね備えており、原土の猛々しさだけではない使い勝手の良いうつわは手に取り用途を考えるだけでも楽しい気持ちにしてくれます。うつわを作ることが好きだとお話しし、さまざまなうつわを見てきて吸収している、経験と知識から生まれる寄り添ううつわです。
彼のうつわは力強いだけでなく整った美しさも兼ね備えており、原土の猛々しさだけではない使い勝手の良いうつわは手に取り用途を考えるだけでも楽しい気持ちにしてくれます。うつわを作ることが好きだとお話しし、さまざまなうつわを見てきて吸収している、経験と知識から生まれる寄り添ううつわです。

野口寛斎

作品そのものから発する圧力、存在感。  音楽から陶芸へ、独自の過程を歩み制作された作品はまるではるか昔の遺物のようでもあります。赤土に化粧土を、黒釉を掛け独特のテクスチャーをまとっている作品はフォルムから感じる現代的な要素を含め、プリミティブアートのような魅力を湛えています。
作品そのものから発する圧力、存在感。 音楽から陶芸へ、独自の過程を歩み制作された作品はまるではるか昔の遺物のようでもあります。赤土に化粧土を、黒釉を掛け独特のテクスチャーをまとっている作品はフォルムから感じる現代的な要素を含め、プリミティブアートのような魅力を湛えています。

安齊賢太

「ものとしての圧力」があるものを作りたい。  それは陶芸の手腕やデザイン性などでなはく、ただ無心に手を動かすことで作品に宿る凄みやエネルギーのこと。その圧倒的な引力についての説明は言葉にすることは野暮なほど、作品を前にすれば一目瞭然。それはまるで光さえまるっと飲み込んでしまいそうな磁場が突然空間に現れるよう。
「ものとしての圧力」があるものを作りたい。 それは陶芸の手腕やデザイン性などでなはく、ただ無心に手を動かすことで作品に宿る凄みやエネルギーのこと。その圧倒的な引力についての説明は言葉にすることは野暮なほど、作品を前にすれば一目瞭然。それはまるで光さえまるっと飲み込んでしまいそうな磁場が突然空間に現れるよう。

マリオン・グロー

不揃いで柔らかい表情を持つうつわたち。特別ではない普段をお祝いしたいと話す彼女のうつわは、テーブルの上で料理を盛り付けることで完成されます。  タタラ作りで成形し顔料を使わず自然の釉薬で作陶されていることもあり、シンプルなサラダやたまごとパンなど素朴なお料理が良く合います。
不揃いで柔らかい表情を持つうつわたち。特別ではない普段をお祝いしたいと話す彼女のうつわは、テーブルの上で料理を盛り付けることで完成されます。 タタラ作りで成形し顔料を使わず自然の釉薬で作陶されていることもあり、シンプルなサラダやたまごとパンなど素朴なお料理が良く合います。

 東京、代々木上原にあるギャラリー。

 

「まるで服を選ぶように」、お気に入りを選んでほしいという想いから

 

使い手の好みや直観で選べるうつわを紹介する。

 

作品とともに作り手の想いや考え、人柄を伝え、

 

うつわを迎え入れたのちの日々の暮らしが楽しくなるよう、

 

 

作り手と使い手を結ぶ。

AELU

 

 www.aelu.jp

 

東京都渋谷区西原3-12-14

 

 Gallery:11:30-19:00