teamLab Botanical Garden OSAKA

チームラボ《風の中の散逸する鳥の彫刻群》©チームラボ


「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」明日7月29日オープン。夜の長居植物園を光のアート空間に変える常設展。期間限定・ひまわり畑の作品も同日公開開始。「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」明日7月29日オープン。夜の長居植物園を光のアート空間に変える常設展。期間限定・ひまわり畑の作品も同日公開開始。

 

アート集団チームラボは、大阪府大阪市の長居植物園にて、夜の常設展「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」を、明日7月29日(金)にオープンします。作品周辺を実際に飛ぶ鳥や吹く風が、周辺の環境に連続的に与えるエネルギーをリアルタイムに描き続ける作品《風の中の散逸する鳥の彫刻群》など、複数の新作を含む現地映像も公開しました。また、オープン当日には、20,000株のひまわりが咲き誇る「ライフガーデン」にて、闇の中で咲き、輝くひまわりの作品《生命は闇に浮かぶまたたく光 - ヒマワリ》の期間限定公開が始まります。公開は8月5日頃までを予定しています。

 

チームラボ《生命は闇に浮かぶまたたく光 - ヒマワリ》©チームラボ

 

※ヒマワリの開花状況によっては、展示期間の変更や、展示が無い期間もございます。また、荒天時には展示を中止する場合がございます。詳細は公式サイトでご確認ください。

チームラボ《ツバキ園の呼応する小宇宙 - 固形化された光の色, Sunrise and Sunset》©チームラボ

 

長居植物園は、広さ約24万㎡、約1,200種類の植物が生い茂り、草花や木々が季節と共に移り変わります。チームラボは、この空間を、自然のふるまいや人々の存在によってインタラクティブに変化するアート空間に変えていきます。

今後は、春夏秋冬、季節と共に移り変わる植物を生かした、季節限定の作品も随時登場する予定です。

チームラボ《大池に浮遊する呼応するランプ》©チームラボ 

 

1974年に開園した長居植物園は、2022年4月1日、植物が未来に向けて生き生きと成育できる環境をつくるため、樹木の間伐や根の成長を見越した配置換え(植替え)、土壌改良を経て再オープンしました。

 

チームラボは、「Digitized Nature」というアートプロジェクトを行っています。非物質的であるデジタルテクノロジーによって、自然を破壊することなく「自然そのものが自然のままアートになる」というプロジェクトです。

 

人間は、自分の人生より長い時間を認知できないのではないか、つまり、長い時間の連続性に対する認知の境界があるのではないかと考えています。人と自然との営みが続くことによる造形、その形が、長い時間を知覚できる形そのものであると考え、それらをそのまま使うことによって、長い時間の連続性に対する認知の境界に対する模索をし、表現することを試みたいと思っています。そして、現代においてもまた、この場所に意味を積み重ねていきたいと思っています。

 

「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」では、昼間は植物園である場所が、夜になるとそのまま作品空間となります。その作品空間は、自然の中で吹く風や雨、そして、この場所に訪れる鳥や人々のふるまいの影響を受けながらインタラクティブに変容し、人々を自然とともに作品の一部、そして、長い時間の一部にしていきます。それにより、作品と人々と自然、自分と他者、過去、現在、未来が境界なく連続していきます。

 

チームラボ《光色の草原 - カピラリス》©チームラボ

 

 

チームラボ ボタニカルガーデン 大阪

botanicalgarden.teamlab.art

#チームラボボタニカル 

2022年7月29日(金) - 常設

長居植物園 (大阪市東住吉区長居公園1-23)

公式チケット販売サイト: https://botanicalgarden.ticket.teamlab.art/#/?lang=ja

チケット料金: 大人1,600円、子ども500円、障がい者割引800円、未就学児無料

 

 

長居植物園: https://botanical-garden.nagai-park.jp/

 

長居植物園の再オープンについて: https://botanical-garden.nagai-park.jp/about/renewal/