MOONSHINE

密造酒という隠語が由来の「MOONSHINE」(左) 同時輸入するウォッカ「TOFFEE VODKA」(右)

REM(株)は、 日本初輸入となるイギリス産スピリッツ「MOONSHINE」を2022年9月30日よりAmazonで発売します。 「MOONSHINE」という言葉は、 18世紀に月明かりを頼りに“密造”したことに由来する酒の隠語です。 何代も引き継がれてきた伝統のレシピをロンドン北部の小さな蒸留所が再現した、 ジンでもウィスキーでもないホワイトコーンの風味が特徴の蒸留酒です。 http://813kaga.com/

 

 

 

ロンドン北部の田園地帯の蒸留所 100%天然由来、 ハンドメイドで作られる
ロンドン北部の田園地帯の蒸留所 100%天然由来、 ハンドメイドで作られる

農林水産省「食品産業動態調査」(令和3年度)によるとビールやウィスキー、 焼酎の生産指数はコロナ禍の影響により低下する一方、 スピリッツ(ウィスキー、 焼酎を除く)の生産指数は上昇の一途を辿っています。 (※ https://www.maff.go.jp )このスピリッツ人気は世界的な需要が背景にあるものの、 日本人の嗜好の多様化を裏付けています。

 

本場イギリスでもごく少数しか出回らない小さな蒸留所のスピリッツ「MOONSHINE」の味を日本でも体験してもらいたいと考え、 特別に輸入販売をすることにしました。 密かに作られていた時代の“伝統のレシピ”を再現し、 ホワイトコーンと麦芽大麦、 3つの異なる穀物の原料そのものの風味が特徴です。 ハンドメイド、 少量生産のため必要以上に原材料を収穫せず、 SDGsの取り組みにも合致 しています。

出荷直前の商品。 ハンドメイド生産のため必要以上に原材料を収穫せず製造する。
出荷直前の商品。 ハンドメイド生産のため必要以上に原材料を収穫せず製造する。

当社代表は中学・高校の6年間をイギリスのロンドン郊外で過ごしました。 同じ島国ながら日本とは異なる文化や自然環境に身を置き、 イギリスの魅力は十分に知っているつもりです。 しかし、 コロナ禍に現地の友人から届いた「MOONSHINE」の口当たりの良さと優しい味が学生時代のカルチャーショックを受けた体験と重なり、 輸入を決意するに至りました。 ただし、 現地に赴くことは叶わず、 輸入販売も酒類販売も未経験。 蒸留所だけでなく、 税関、 海運業者と辞書を片手にメールや電話で対話を続け、 今回、 日本向けの商品としてようやく一ロット750本の販売が実現しました。

 

 

今回の取り組みが日本とイギリスの両国の文化の懸け橋となり、 コロナ禍で現地を訪問せずとも豊かな海外文化を楽しむ機会になればと思っております。

 

813KAGAブランドの商品概要 

※ 2022年9月30日からAmazonにてご購入いただける予定です

商品名    :MOONSHINE

 

品目     :スピリッツ

アルコール分 :40℃

内容量    :700㎖

価格     :8,000円(税込)

 

原産国    :英国

名前の由来  :18世紀に高い税金を逃れるため、 森の中で月明かりを頼りに密造を始めたことに由来すると言われています。

 

 

何世代にも受け継がれて作られてきた伝統的なレシピを元に作られるグレーンウィスキーの原型となる蒸留酒。 ホワイトコーンの風味と麦芽大麦、 3つの異なる穀物から生み出される風味があり、 ウィスキーのようなピートや樽や土着の香りではなく、 原材料そのものの風味を存分に楽しめます。


商品名    :TOFFEE VODKA
品目     :スピリッツ
アルコール分 :30℃
内容量    :700㎖
価格     :6,000円(税込)
原産国    :英国
名前の由来  :イギリスで親しまれているTOFFEE(キャラメル風味)を原材料に加え、 飲みやすい味に仕上げた蒸留酒です。

 

 

本場イギリスでは20°のアルコール度数ですが、 日本向けに30°に調整し、 熱さと飲みやすさを兼ね備えたvodkaに仕上げました。 そのままグラスに注ぐだけでも楽しめます。 エスプレッソやフルーツと割ってカクテルのように味わうこともおススメです。 パーティーや会食、 食前食後の特別なひとときにも合います。